« 鳩ぽっぽ | トップページ | 朝青龍引退 »

2010年2月 4日 (木)

トヨタの栄光

パナソニック、資生堂、トヨタ自動車、キリンビール、サントリー、ヤマハ、コクヨ、・・・日本を代表する大企業である。かつては町の電気屋さん、化粧品チェーン店、車のディーラー、酒卸売り店、楽器店、文具店など系列店を傘下に持ち、業界で確固たる地位を確保していた。今もなお日本を代表する大企業であるが、最近綻びが目立ってきた。大手ディスカウントの家電店、日用品店、スーパーの出現と、インターネットを使った新しい販売形態の出現で、必ずしもメーカーの思惑通りには行かなくなって来た。しかも、最近は環境対策、消費者保護などが優先し、メーカーはますます苦境に立たされてきた。それに追い討ちをかけるように、2~3年前はわが世の春を謳歌していたトヨタは国内外でのリコールでますます厳しい。話題の最先端プリウスまで、低速時でのブレーキの不具合で大ピンチだ。ただ、今回のブレーキの問題は、電子制御の設定の問題で、不良と言うよりは、感覚の問題だと思う。とはいえ株価も2007年2月の8350円から3400円にまで半減し、値下がりのブレーキが効かないようだ。

« 鳩ぽっぽ | トップページ | 朝青龍引退 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳩ぽっぽ | トップページ | 朝青龍引退 »