« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

リーフ

日産が、満を持して、三菱の460万円の「アイ・ミーブ」より安い電気自動車「リーフ」を12月に376万円で発売する。予想される国の補助金分77万円を引けば299万円で買えるという。リーフで月1000kmの走行を6年間続けた場合の電気代が86000円と試算。同クラスのガソリン車のガソリン代と比べ6年間で58万円以上安くなるそうだ。リーフは1回のフル充電で160キロ・メートルの距離を走れる。あまり遠出をしない私にはこれで十分だ。最高時速は140キロと言うが70キロ以上出すことはまずない。当然環境にもやさしいし、価格が150万円程度になれば考えてもいいかなと思う。滋賀県栗東市の幻の新幹線駅用地にGSユアサという会社が入るそうだが、この電気自動車のバッテリーの生産工場になるのだろう。と言うことは工場が発展し、近隣の雇用情勢も改善するかもしれない。

2010年3月30日 (火)

禁じ手

自宅で3歳の長男を虐待したとして、大相撲の幕下行司木村林之助が傷害容疑で逮捕された。日常的に虐待があったらしい。長男が靴下をなくしたことに腹を立てて後ろからひざげりし、全治3日の打撲を負わせた疑いだ。それで思い出したのは去年の大相撲秋場所、横綱朝青龍が禁じ手の反則ではないが、玉乃島を、おきて破りの「ひざ蹴り出し」で勝ったが品格に欠ける土俵態度には相撲協会に抗議電話が殺到したそうだ。行事がわが子にひざげりなど言語道断の禁じ手だ。大相撲春場所白鵬が全勝優勝、関脇把瑠都が14勝1敗で大関昇進を決めた。幕内41名中16名・・・40%弱が外国人力士である。日本人力士の影は薄く、相撲人気回復は夢のまた夢である。

2010年3月29日 (月)

毒入りギョーザ事件

昨晩岩手県宮古市の山間部で氷点下20.3度、本日午後職場付近では雪が降り、あまりの寒さで、ほんのりピンク色だった桜の木の蕾が閉じてしまった。どうなってるの?★毒入りギョーザ事件で「天洋食品」の元臨時従業員呂月庭容疑者が逮捕された。共犯者がいたと言う話もある。袋にあけられた穴の大きさが注射針とは一致しないと言う話もある。何をいまさらと言う感がある。そして何か怪しい。オリンピックも無事に終え、ほとぼりの冷めた頃にそっと発表して済ませようという政府の悪意が見え見えである。事件当初、中国公安省は「日本で混入した可能性もある」と主張し、今回の結果に対して反省も詫びの言葉もない。しかも発覚から2年以上たって見つかったというのは不自然極まりない。今回の事件の経緯で言える事は、北朝鮮同様国民には罪はないが、中国政府は日本にとって「信用してはならない敵」であると言う事と、たとえ値段が安くても中国食品は今後も極力口にするのは危険だと言う事だ。

2010年3月28日 (日)

烏丸通り

昨日は京都を散策した。散策と言っても京都駅から烏丸通をひたすら北に向かって約5km今出川通りまで歩いただけであるが、日ごろ地下鉄では見られない色んな発見があった。まず京都駅南の八条口の中途半端にオープンした飲食街、そして北の烏丸口のビックカメラ~プラッツ近鉄跡地に建設中のヨドバシカメラ~COCON烏丸~四条通りを過ぎてWEST18~モントレ京都~三条通、御池通りを過ぎて国際マンガミュージアム~京都新聞社~丸太町通りを過ぎて京都御所、京都御苑~上長者町KBS京都~今出川通りを過ぎて同志社大学~相国寺・・・と歩いた。地下鉄ならば250円要するところである。夜の宴会も安上がりで省エネ省マネーの一日であった。印象としては、京都の昼の中心地は四条河原町界隈から京都駅前界隈に移動しつつあるようだ。ただし夜の街は、あまり行った事はないが、木屋町、祇園、縄手、花見小路あたりが今も昔も賑わっている。

2010年3月27日 (土)

3月だと言うのに早くも台風1号が発生し乱気流発生だ。亀井大臣の乱心で提出された郵政改革案、それに正論で反発する仙谷大臣の反乱、米軍基地問題で混乱、そしてリーダシップなく頭が混乱の鳩山総理、ついでに中井国家公安委員長の乱行、民主党政権は「乱れまくり」である。郵政と言えば郵便事業会社職員が、ひげを理由に人事評価が下がり、給与を減らされたのは人権侵害として、損害賠償を求め、勝訴した。しかし一般的に営業や接客業の人間がひげを生やしているのは不潔で気持ち悪い。私ならひげオヤジやヘビースモーカーからものは買わない。

2010年3月26日 (金)

京の繁華街

昨年秋、京都駅南にオープンするはずだった 「VINOWA(ヴィノワ)」は、建築主が会社更生法の適用により、開発計画から撤退し、中途半端な状態が続いているが、結局「イオンモール」としてショッピングセンターの受託運営に乗り出し、今年夏以降オープンの予定だ。10月には京都駅北の近鉄跡地にヨドバシカメラがオープン予定で、ビックカメラ京都駅店と熾烈な争いになりそうだ。それに対して昔、京都の繁華街と言えば四条河原町あたりだったが、今年10月四条河原町阪急閉店で、地価も下がり、この付近は衰退してゆきそうだ。明日は久々京都に行って、町の変化を体感してみようと思う。ついでにちょいと一杯。

2010年3月25日 (木)

プロ野球順位予想

火水木と雨が降りっぱなしである。明日からプロ野球セリーグも開幕するのでとりあえず順位予想でもしてみよう。今年は戦力だけでなく監督の能力適性も考えてパリーグ①日本ハム②西武③オリックス④ソフトバンク⑤ロッテ⑥楽天・・・オリックスと楽天は新監督の差と言うかチームとの相性の良し悪しがはっきりと出るのではないかと思う。セリーグ①中日②巨人③阪神④広島⑤ヤクルト⑥横浜・・・AクラスとBクラスがはっきり分かれる。巨人打線はダントツ強力だがそれ以上に中日の投手力は素晴らしい。わがヤクルト軍は五十嵐も抜け、投手の駒不足は歴然だ。館山、石川、由規、川島、村中、加藤、ユウキ、押本、石井、松岡、増渕、イヘチョン、イムチャンヨン、デラクルス、バーネット・・・ファンでなければ誰も知らんやろ~。それとも日本プロ野球の応援はやめて、メジャーで新天地に移ったエンゼルス松井とメッツの五十嵐とパイレーツ岩村でも声援しようかな。

2010年3月24日 (水)

龍馬銀貨

自民党を脱藩?した鳩山議員は龍馬気取りだが、龍馬人気につけ込んで、いろんな悪徳商法もあるようだ。悪徳とまで言えないが、造幣局が坂本龍馬の肖像入り額面1000円銀貨をプラスチックケースに入れてセットで6000円、さらに記念切手を入れて7800円で販売するとか。記念硬貨を出してもインフレ懸念はないし、政府が赤字国債を発行するよりはましであるが、龍馬人気に便乗した国家ぐるみの超!セコい商売である。それに便乗する郵政はコバンザメ商法だ。龍馬銀貨のボッタクリ商法に、坂本龍馬もどこかで呆れているぜよ。

2010年3月23日 (火)

言論の自由

googleの検索は便利だが中国では「天安門事件」で検索するとエラーがでるそうだ。中国政府に不都合なものは検閲に引っ掛るそうだ。中国に言論の自由などない。北朝鮮にも、そして日本の民主党にも・・・。民主党の小沢幹事長は、執行部批判を理由に解任する方針だった生方副幹事長を続投させる方針を決めた。小沢氏への批判を封じ込めるような執行部の対応が「言論封殺」などとマスコミや党内外から激しい批判を浴びたことから、方針に転換した。民主党には今や北朝鮮や中国同様言論の自由はない。ただマスコミが騒いだので、解任を撤回する方もする方だが、それを受け入れる生方副幹事長に信念も意地もなくて情けない。

2010年3月22日 (月)

経済効果

経済効果と言うことがたびたびニュースで流れるが、これってかなり恣意的と言うか、ええかげんなものだと私は思っている。以前、阪神タイガースが優勝した時の経済効果が何億円と言っても、実際どう言う結果になったと言うチェックは誰もしない。需要予測も同様、空港建設によってどれだけの経済効果があらわれるかと言うのは、関係者の利害で恣意的に決める場合が多い。でなければ、誰も利用しない空港や高速道路の無駄などないはずだ。コウノトリは飛んでも飛行機の飛ばない日本一稼働率の悪い但馬空港は大阪伊丹まで1日2往復のみである。誰がこんなところに空港を作ろうと言ったのか?逆に、昨年来阪神と近鉄が相互乗り入れして奈良からなんば経由で神戸まで行けるので経済効果があったといわれている。この路線は大変便利そうだ。今年もプロ野球が始まる。今年も私は優勝してもほとんど経済効果のないスワローズを応援しよう!

2010年3月21日 (日)

マグロ

平年より10日前後も早く、各地で桜が開花した。異常という言葉を何度も書くが、昨日は昼は5月のように温暖であったのに夜中に天候が突然荒れはじめ、強風、雷、そして短時間であったが雨、全国各地で大荒れの天気となり、北国では雪も降った。そして今朝窓から外を見ると、空が黄色い。相当量の黄砂が中国から飛来してきた。今日はマスクを2枚重ねにして、買い物に行った。時折車のハンドルが、ふらっととられるような突風。地球が確実に壊れかかっている。★ワシントン条約締約国会議で、大西洋・地中海クロマグロの国際取引禁止案が否決され、鳩山首相以下マスコミ報道では「良かった」と喜び、赤松農相もまるで自分の手柄のように良かったと発言。環境や漁業資源保護と言う観点ではなく、各国の経済的利害だけで決まった結果である。ただ単に今まで通りの値段でマグロが食べられると言う短絡的な「安堵」に過ぎない。そうではなく、飽食日本人は食生活をもう一度見直さなければいけないと思う。マグロは地中海、タコはモーリタニアなど、はるかかなたの地から食料を調達するのではなく、自分たちの食料は近辺で調達するようにしないといずれ食糧危機が訪れた時に後悔することになるように思う。テレビのつまらないグルメ番組を見ていると、この人たちには日本の食糧問題など頭の片隅にもないのだなあと呆れるばかりだ。

2010年3月20日 (土)

餃子

毎日だと飽きるが、時々周期的に無性に食べたくなるのがカレーと餃子である。夕刻「餃子一人前無料券」を持って「王将」で持ち帰り餃子を買った。レジで出来上がるのを待っていると隣に顔なじみのご近所さんがおられた。双方夕食の献立がバレバレであるが、世間は広いようで狭いものだと改めて納得。明日は休日。ビールと餃子は絶妙の組み合わせである。中国では餃子は主食であっておかずではないそうだ。日本人の「餃子+ライス」と言う食べ方を異様に感じるそうだ。でもそんなことは知った事ではない。餃子にキャベツにビールにご飯・・・これでいいのだ。本を読んで、映画を観て、3連休初日は平穏に終了。

2010年3月19日 (金)

パラリンピック

オリンピックは文部科学省、パラリンピックは厚生労働省という不合理な役所仕事の谷間で、多くの選手は国の援助も少なく、多額の自己負担での参加を強いられるパラリンピック。そんなバンクーバー・パラリンピックのノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩選手が金メダルを獲得した。岡山の農家で育った新田選手は3歳の時、祖父が運転するコンバインに巻き込まれ、左腕のひじから先を失ったそうだ。「大変なことをした」と悔いる祖父を励ましながら、98年長野大会から努力して何とか「自分の手で金メダルをかけてあげたい」と言う念願がようやくかなった。久々に聞く美しい話だ。それにしても、同じオリンピックで健常者には素晴らしい練習施設と経済的支援があるのに、障害者にはなんと冷たい対応なのだろう。生活弱者に優しいのが民主党ではなかったのか?

2010年3月18日 (木)

坊主憎けりゃ

北朝鮮が昨年実施したデノミ失敗で、実務責任者だった朴南基と言う財政計画部長が責任を問われて処刑されたそうだ。恐ろしい国だ。ただ失政を行っても他人事のようで、責任感の全くない日本の政治家にも、これくらいの恐怖感と危機意識を与えておけば、もっと良い政治をしてくれるのではないか。米軍普天間移設問題で政府は①米軍キャンプ・シュワブ陸上部案と②米軍ホワイトビーチ沖合い埋め立て案で調整中とか?そもそも①案は危険で地元の騒音問題等でボツになったはずだ。②案は国民新党が珊瑚礁のきれいな環境を破壊するから自民党案に反対したのではないか。ホワイトビーチの環境はどうでも良いのか?日本国民の安全保障に何の方策もないノーテンキな社民党の県外国外移転案はもはや論外であるが、結局は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」、自民党のやることは全部ダメと言う、メンツと意地の張り合いに時間と金を浪費しているだけのように私には思える。

2010年3月17日 (水)

安土町

昨日神奈川県で最高気温が25度を超え夏日を記録したが、今朝は一気に平年並みに気温が下がった。気象庁はこの冬を「約30年に1回」の異常気象と発表した。寒いときはとことん寒く、気温の乱高下で体調が狂ってしまう。日本全国気温が乱高下しているが、滋賀県の安土町では合併をめぐって大混乱している。2010年3月21日に近江八幡市が安土町を吸収合併することが既に決まっているのに、安土町の合併推進派と反対派が対立し、安土町長のリコールなどがあり、昨日3月16日に、合併反対派議員の提案により、町議会で合併停止を求める決議が土壇場でなされた。すでに総務省は合併を確定しているが、まだまだ紆余曲折がありそうだ。織田信長の居城のあった、わずか12000人の町で大騒ぎだ。合併自体に反対していると言うよりは、議論半ばで強引に合併を推進した進め方に問題があるように私は思う。

2010年3月16日 (火)

党名変更

鳩山邦夫・元総務相が自民党を離党し、新党に向けて踏み出した。本人は「薩長同盟」を実現させた坂本龍馬 になりきっているが、笑ってしまう。鳩山総理の弟だって、ママから献金を受けているのは明らかで、民主党の総理と幹事長の「政治とカネ」を追求する事は出来ないはずだ。国民は、と言うか私は、新党結成による混乱で、またまた経済成長が停滞し、安全保障、雇用、福祉、教育など諸問題が置き去りにされる事を懸念している。谷垣総裁は決して悪い人ではなさそうだが、「良い子」ではこの難局を乗り切れない。「ちょっと毒のある」リーダーが、民主党からも人材をヘッドハンティングし、自民党の党名に固執せず、党名を変更し、イメージチェンジをして、2大政党としての対抗軸になって欲しい。どんな党名が良いか?「革新自民党」ではちょっと平凡すぎる。地球環境を考えて「新党環境未来」「新党ミドリ」、日本の食糧自給を考えて「尊農上位党」「勤農党」、高齢者福祉を考えて「国民介護党」「人生甘辛党」、経済発展を願って「新党バブル」「右肩上り党」・・・どうでもいいけど、政治家の国民無視の権力闘争はもううんざりだ。

2010年3月15日 (月)

関西アーバン

不良債権処理に行き詰まったのだろうか、3月から、地元びわこ銀行が吸収合併され関西アーバン銀行に変身した。滋賀の田舎が都会(アーバン)になったわけだ。びわこ銀行は、かつて滋賀相互銀行であったが、平成に入ってからびわこ銀行と改名したが、このたび実質上消滅した。平成に入った頃、びわこ銀行のイメージキャラクターは「びわごん」で、その貯金箱も持っていたような記憶がある。当時、なぜか滋賀県は恐竜ブームで、それにちなんだ「まったくかわいげのない」恐竜だった。ところで、びわこ銀行であった頃、キャッシュカードによる同行間の振込みは無料だったが、関西アーバン銀行になったため3万円を超えると210円の手数料が取られるようになった。銀行がせこいのか、それを言う私がせこいのか?たかが210円、されど210円である。

2010年3月14日 (日)

撮り鉄

カメラで列車を撮影する鉄道ファンの事を撮り鉄と呼ぶ。昔から鉄道趣味雑誌があるように、特に最近始まったわけでもないが、最近の撮り鉄はますますマナーの悪さがエスカレートしてきた。駅のホームでの撮影場所取りをめぐる争い、そして進入禁止の線路にまで立ち入っている過激派を見ると、これは鉄道ファンと言うよりは、暴徒と言う他はない。私も若い頃は鉄道マニアと言うほどではなかったが鉄道ファンで、小さなショルダーバッグに少しのお金とカメラと時刻表を持って、日本中を旅した。2本のレールが日本の隅々まで繋がっている事がある意味ロマンだった。ファンとマニアはその思い入れの度合いが違うと思う。列車と言う金属で出来た無機質の塊に対して、まるでペットや生物のように愛情を注ぐ撮り鉄達の姿はまさにファンを超越したマニアである。ただマニアが悪いとは思わないし、それだけ真剣になれるターゲットがあることは素晴らしいことだと思うが、思い入れが激しいあまり、列車の写真撮影の邪魔になるから「退け!」と駅員に罵声を浴びせたり、線路の上にカメラの三脚を立てて撮影したりする行為は許せないし、他人の迷惑にならないように自制して欲しいものだ。

2010年3月13日 (土)

クラウド

パソコンが年々安くなっているが「クラウド」の普及で今後ますます安くなるだろう。クラウドとは雲の事だが、膨大な情報の処理をインターネットの「向こう側」にある巨大なコンピューターに任せる技術サービスを「クラウドコンピューティング」と呼ぶ。従来は各人のパソコンの中にいろんなソフトやアプリケーションが山ほど入っていたために、パソコンの動作が遅かったり、アップデートにバカみたいに時間を要したり、新しいバージョンが発売されるたびにアップグレードしたり、無駄が多すぎた。しかしインターネットさえ繋げたら、今後はamazonやGoogle、そして企業はsalesforceなどの「クラウド」に接続すれば、パソコンの初期費用が格段に安くなり、高機能パソコンなど買う必要もなくなり、煩わしいバージョンアップやアップデイトに要する金と時間から開放される。考えてみたら、このブログだって、ファイルを自分で管理せず、プロバイダーに預けているわけだから「クラウド」の一種である。写真画像だって、ネットを通して、プロバイダーに保管してもらうことも簡単だ。鳩山総理もやっているTwitterだって、Gメールだって「クラウド」なのだ。と言うことは今後のIT産業は高性能機器を作ることよりも役に立つコンテンツや使い勝手の良いアプリケーションの開発に主眼が置かれるのは間違いない。このパソコンで「何が出来るのか」ではなく、「何がしたいのか」なのである。デスクに20万円以上のパソコンが鎮座するような時代ではなくなってきたようだ。

2010年3月12日 (金)

朝鮮人学校

朝鮮学校の無償化で、議論が起きている。生徒たちには罪はない。しかし、日本人を拉致し、日本に向けてミサイルを発射する、狂気のならず者が支配する独裁国の学校に、なぜ日本国民の税金を使った無償化の対象にするのか理解できない。このドサクサに暗躍しているのが公明党である。与党時代は民主党をさんざん批判していたのに、野党になると今度は民主党に擦り寄って来た。子供手当ては一部条件付で賛成し、朝鮮人学校も無償化に賛成と言う。ここには信念も節操もない。参議院選挙後、社民党が政権離脱することを予想して、今から民主党と仲良くしようと言う露骨な日和見政党は許しがたい。普通なら党を支持した有権者が批判するが、この党の支持者の大半は宗教信者であるから、教祖様の仰るとおりになるからタチが悪い。宗教団体が政治に簡単に進出出来る日本の法律を早く正すべきだ。

2010年3月11日 (木)

トキとマグロ

昨日、国の特別天然記念物の「トキ」11羽のうち9羽がイタチ科の「テン」に襲われ死んだ。「テン」は「トキ」を襲うだけで、なぜ食べないのか?そしてどこから侵入したかも「テン」でわからないそうだ。天然記念物の飼育に係の人達の熱意と愛情と膨大な金をかけているだけにショックも大きいだろう。「トキ」は金なりである。鯨やイルカやマグロは絶滅危惧種とは思えないが、シーシェパードに日本の調査捕鯨が妨害され、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞をとった「ザ・コーヴ」で、日本のイルカ漁が批判され、EUは大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止を可決しようとしており、いろんな動物をめぐり日本はピンチだ。

2010年3月10日 (水)

ザ・コーヴ

昨日から、突然真冬に逆戻り。昨日は北国はもとより、山陰、岡山広島でも雪が降り、今日は東北北海道、そして九州も大雪で大荒れ。寒すぎる。ところが高知では桜の開花宣言!どうなってるの?、第82回アカデミー賞で、和歌山県太地町のイルカ漁を題材にした「ザ・コーヴ」が長編ドキュメンタリー賞を受賞した。ルイ・シホヨス監督は和歌山県太地町のイルカの追い込み漁に潜入し隠し撮りで録画し入り江に追い込んだイルカ漁の残酷さを誇張して賞を受賞した。シーシェパード同様、宗教観、倫理観、食文化の違いとは言え、極めて独善的「自己中」な屈折した監督の隠し撮り映画を評価したアカデミー賞も狂っている。知能が発達しているイルカを殺すのは残虐で、知能の発達していない牛や豚を殺すのは善であるという感覚もおかしい。文句があるなら「スシ」などの高級な日本食を食べずにハンバーガーでも食っとけ!

2010年3月 9日 (火)

茨城空港

2005年中部国際空港、2006年神戸空港と北九州空港、2009年静岡空港、そして2010年、日本で98箇所目の茨城空港が開港。国土面積に占める空港の数はイギリス、ドイツに次いで世界第3位。茨城空港は国内線が神戸、国際線がソウル各1便だけ?開港当初から赤字確定。いったいだれが推進して、だれが大儲けしたのか。これはもはや犯罪だ。98箇所なんて自慢にもならない愚かなことだ。そっくり米軍基地に提供したほうがましだ。滋賀県もかなり前から「びわこ空港」建設案があり、県知事が交代して、凍結されたままだが、首都機能でも移転して来るのであれば検討しても良いが、大赤字は目に見えている。無駄な空港にペンペン草が生える土地があったら、農業生産量を高め、日本の食糧自給率を上げたほうが賢明だ。

2010年3月 8日 (月)

サンドラブロック

人の評価は難しい。人の好き嫌いも各人各様。主義主張の違いで、善になったり悪になったりする。今年のアカデミー賞主演女優賞に選ばれたサンドラブロックは、最低の作品や俳優を決める「ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)」の最低主演女優賞にも選ばれたのは、面白い。「しあわせの隠れ場所」で最高の評価、「オール・アバウト・スティーブ」で、最低の評価・・・いかにもアメリカらしい。昨年夏、国民の最高の評価を得た民主党が、今や支持する人よりも支持しない人の方が多くなった。昨年末現在で生活保護を受けている人が180万人を突破した。日本はもはや先進国でも一流国でもない。最高レベルから最低に向かっている日本!総理大臣が政治のリーダシップがとれず、それに太刀打ちすべき自民党が迷走・・・国民不在の政治が、国民を奈落の底に突き落としつつある。

2010年3月 7日 (日)

琵琶湖マラソン

琵琶湖毎日マラソンが開催された。かつては君原健二、アベベ、宇佐美彰朗、フランクショーター、宗猛、宗茂、瀬古利彦などが優勝した由緒あるマラソン大会であるが、2003年以降日本人は優勝していない。今年もエチオピアのイエマネツェガエが優勝した。大津市皇子山陸上競技場を発着地点にしているが、コースはしばしば変更されている。今年、近江大橋を渡って草津新浜に至るコースでなかった。風や高低差を考慮したと主催者は説明しているが、そんなのは詭弁だと地元民は知っている。近江大橋のたもとに大型ショッピングモール「イオンモール」が昨年オープンしたので、もしここで通行規制など行ったら、大パニックになり、億単位の営業妨害になるからだ。・・・と私は思っている。女子は日本人にも期待はできるが、マラソンも大相撲も最近の日本男子には全く期待できない。

2010年3月 6日 (土)

中国の国防費

中国の国防費が年々巨大化している。2002年~2010年の国防費は1707-1907-2199-2477-2838-3509-4178-4807-5321億元と二桁に近い伸び率で増加している。CO2排出など都合が悪くなると自国は発展途上国だと言い、反面では、国連常任理事国で、核保有国で、GDPでは日本を追い越し、有人衛星打ち上げに成功し、北京オリンピック、上海万博を開催し、そして軍事力を巨大化し、ますます脅威が増す。日本の米軍基地問題で連立政権内でゴタゴタが続いているが、日米安保が安全の基本姿勢なら、与野党の意地やメンツなど捨て、さっさとアメリカとの合意を取り付け、日本人の不安を解消して欲しい。いずれにしても民主党に過度の期待をした事が間違いだったと今になって思う。

2010年3月 5日 (金)

Pontaポンタ

どこの店でも、昨今はポイントカードがある。滋賀県民は昔からポイントカードと言えば平和堂の「HOP」カードと日用品の「アヤハディオ」カードだけで十分だった。しかし今は財布の中はお金はないのにカードがいっぱいである。最近は利用頻度の低いカードは別の名刺ファイルに入れ、車に常時積んでおいて必要なときだけ取り出す。買い物のたびに店ごとのポイントカードを提示するのはじゃまくさい。そしてすぐ有効期限が過ぎて無駄にしてしまうことが多い。その点TポイントはレンタルのTSUTAYAとファミリーマートとすかいらーくが共通でポイントがたまるのが便利だが、今度、「Tポイント」カードに対抗して、「Pontaポンタ」カードが出た。ローソンや昭和シェル石油、レンタルビデオのゲオなどでためたポイントが相互に利用できる共通ポイントサービスである。まだまだメリットと言えるほどではないが、今後ますます異業種間の共通ポイントサービスは増えて行くのだろう。

2010年3月 4日 (木)

圓楽襲名

「笑点」のレギュラーである三遊亭楽太郎が6代目「圓楽」を襲名した。師匠の名前を継ぐと言うのは光栄であり、プレッシャーでもあると思う。今後の活躍を期待したい。ただ、心配なのは「笑点」の司会を務める桂歌丸の健康状態である。見るからに体力がなさそうな人が肺炎となると大変だ。無理をせず療養して欲しいものだ。司会といえば、「笑点」の司会は立川談志、前田武彦、三波伸介、五代目三遊亭圓楽、桂歌丸と受け継がれてきた長寿番組だ。私は関西人だから関東の笑いは基本的に馴染めないが、この番組だけは別格だ。「サザエさん症候群」と言う言葉があるが、我が家では「笑点症候群」と言うか、笑点が終わると明日は月曜日だと思う。

2010年3月 3日 (水)

お詫び

先日の津波警報が過大だったと反省会見をした気象庁。私は謝る必要はないと思う。現実に被害も出ているし嘘や過小発表するよりはましだと思う。ただ終日、テレビの画面に赤や黄色に塗られた日本地図が出ていたのはちょっと鬱陶しかった。もっと工夫は出来ないものか?トヨタの社長がアメリカの公聴会に呼ばれ謝罪したのは賢明だったと思う。ただ呼ばれもしない中国に行ってなぜ謝罪したのか理解できない。いくら将来有望な市場とは言え、餃子に毒を入れて、日本人を殺そうとしたり、著作物の海賊版を作ったりしても謝らない民族に謝罪の必要などないと思うし、ではなぜ中国で謝罪したら韓国ではしないの?仙谷、前原、原口3大臣が参議院予算委員会に遅刻と言う醜態。真摯に詫びた前原大臣はまだましだが、ツイッターやってたのに、事務方に責任転嫁する原口大臣は最悪だ。サラリーマンだって、遅刻して潔く詫びればいいのに、車が渋滞していたと言う「人の所為にする」やつは嫌われる。

2010年3月 2日 (火)

騎馬武将

サントリーの缶コーヒー「ボス」をコンビニで買うと、戦国武将が馬に乗ったフィギュアがもらえる。これはなかなか面白い。チョロQのようなミニカーとは一味違い、ねじを巻くと馬がピョンピョン跳ねる。しかも「のぼり旗」までついて、芸が細かいし、顔の表情までけっこうリアルだ。あほらしいオモチャだが、徳川家康、織田信長、豊臣秀吉、上杉謙信、武田信玄、山本勘助、直江兼続、真田幸村、伊達政宗、前田慶次郎などの騎馬武将はそれなりにロマンだ。ただ、メーカーが景品をつける意図を考えると、新製品をより一層売りたいと言うよりは、あまり売れない、あるいは早く売ってしまいたいと言う商品に景品をつけるのが常だ。ダイの大人が、「シール」欲しさにお菓子を買う本末転倒な子供のようにならないよう、注意しよう。

2010年3月 1日 (月)

沈静化

昨年10月頃から大騒ぎしていた新型インフルエンザの流行は沈静化したのだろうか?最近は誰も話題にしないし、3月決算の日用品店、ドラッグなどではマスクや消毒液などが大量陳列で安売りをしている。会社や自宅で買占めしたマスクは今は花粉症対策で重宝している。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」のは人間の常だが、今回わかったことは、政権交代で日本のワクチン接種方針が二転三転した事。そしてワクチンを生産できる会社が日本には小規模な4社しか存在しない事。そして国内で全数賄える生産体制が整っていない事である。次回はどんな病気が流行するかもしれないが日本の医療体制の脆弱性を暴露した結果となった。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »