« 人脈 | トップページ | ヤクルトの容器 »

2010年4月 6日 (火)

007

数字の0と7は面白い。ジェイムズボンドが活躍する007は「ゼロゼロセブン」で問題はないのだが、普通、電話番号を言うとき市外局番075は「ゼロナナゴ」と言う。NHKのアナウンサーは「レイナナゴ」と言っているが、「ゼロナナゴ」はまさに和洋折衷である。日本でカウントダウンをする時も「543210」は「ゴ・ヨン・サン・ニ・イチ・ゼロ」となぜかゼロだけ英語なのだ。理由はわからないが日常習慣が定着したようだ。7も「ナナ」と呼ぶが「5×7=35」は「ゴナナ」と言わず「ゴシチ」と言い「七五三」は「ナナゴサン」ではなく「シチゴサン」である。最近WOWOWで「007シリーズ」全作一挙放映をやっている。「レイレイナナ」と言ったら間が抜ける。

« 人脈 | トップページ | ヤクルトの容器 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人脈 | トップページ | ヤクルトの容器 »