« 長寿社会 | トップページ | サッカー日本代表 »

2010年5月24日 (月)

チャリティ

現在セリーグぶっちぎり最下位のヤクルトスワローズだが、宮崎県日向市出身の青木宣親選手が呼び掛け、田中浩康、飯原誉士選手などが神宮球場で口蹄疫被害者に対するチャリティーサイン会を実施。ゴルフでは先日宮崎出身の横峯さくらも賞金をポンと寄付した。熊本県出身の有村智恵もサイン会で協力、日本相撲協会も両国国技館での夏場所千秋楽で義援金500万円を送った。金メダルと参議院議員の二股をかけようとする女子柔道選手がいるが、スポーツ選手は政治にでしゃばる前に、こんな形で役に立てることを知るべきだ。政治など見向きもせずロンドンで金メダルを取ったら国民栄誉賞も見えてくる。逆に国会議員になったら、当然野党から、知られたくない秘密も暴露され、過去の栄光もズタズタにされるのはわかりきったことだ。もし出馬するなら私から国民栄誉賞ではなく国民愚弄賞を贈呈しよう。それにしてもヤクルトは弱い。あす、メジャー解雇の松井稼頭央にアタックするそうだが、とにかく打てる選手を補強してくれ~!

« 長寿社会 | トップページ | サッカー日本代表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長寿社会 | トップページ | サッカー日本代表 »