« iGoogle | トップページ | すだれ »

2010年5月14日 (金)

激安バナナ

主婦のようなことを言うようだが、野菜が高い。そして数少ないし、貧弱である。レタス、トマト、なすび、キュウリ、ピーマンなど、ハウス栽培と思われるものはそこそこ店に並べられているが、ジャガイモ、キャベツなど一般的に露地栽培する野菜が育たないようだ。ハウス栽培も日照時間が少ないので油を燃やしてハウスを暖めるため、油の消費量が増えているそうだ。ただバナナだけはどのスーパーでも入り口付近に大量に安売りをしているのが目立つ。昔はバナナといえばエクアドルか台湾であったが、現在は圧倒的にフィリピン産バナナが主流だ。値段の安いのは輸送や保存の技術の進歩もあるだろうが、実はフィリピン農家の低賃金、過酷な労働と言う犠牲の上で成り立っていることを知るべきだ。コーヒー豆が安いのも、生産国の労働者の過酷な犠牲の上に成り立っている。安売り競争をしていたら、いつか天罰が下りそうだ。

« iGoogle | トップページ | すだれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iGoogle | トップページ | すだれ »