« 涙雨 | トップページ | シャンソン »

2010年5月 8日 (土)

注意喚起

電車に乗るとき「駆け込み乗車はおやめください」と言う放送が流れる。これにはどういう意図があるのだろう?1~2分毎に電車が来るような都会地では、駆け込む必要はないのだが、ローカル線では列車が30分に1本とか1時間に1本と言う場合はざらにある。これに遅れまいと必死に走るのは人情と言うものだ。何とか乗ろうと必死に駆けている客に「駆け込み乗車はおやめください」と言う放送が入ると、ますます客を煽るようなものではないのか。さらに、ドアが閉まってから「駆け込み乗車はおやめください」と車内放送を流すのは、駆け込んだ客を叱り付けるようで、これも嫌な感じだ。野球場でファールボールが飛ぶと「ファールボールにご注意ください」と言う放送が流れる。こんなコメントはボールが飛んでくる前に言うべきだ。これもタテマエで注意喚起しているという責任逃れに過ぎない。だからと言ってバッターが打つ前に「このバッターの打球はファールになるかもしれませんのでご注意ください」と言ったらちょっとシラケるかも。

« 涙雨 | トップページ | シャンソン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 涙雨 | トップページ | シャンソン »