« ヒーローの死 | トップページ | 相撲界の未来 »

2010年6月28日 (月)

原油流出

アメリカのメキシコ湾で原油採掘中だったブリティッシュ・ペトロリアム(BP)の採掘プラットホームで4月20日爆発事故があり、2カ月たっても原油流出がとまらず、重大事態となっている。深さ5500mから原油をくみあげているパイプが1522mの深さのところにある海底で折れ、大量の原油が流出しはじめた。現在も原油流出はとまらず、メキシコ湾の魚介類や、環境全体の破壊など被害は計り知れない。美しい砂浜が油にまみれ、油まみれのカモメやカニの死骸が打ち上げられ、メキシコ湾の鯨が油の流出で全滅の危機にある。アメリカの「海賊」シーシェパードは目の前の鯨の絶滅の危機に対して、日本の調査捕鯨を妨害する前に、なぜ、英国石油に抗議しないのか!原油採掘で巨万の富を得ているBPが地球規模で環境を破壊し、そのツケはあまりにも大きい。

« ヒーローの死 | トップページ | 相撲界の未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒーローの死 | トップページ | 相撲界の未来 »