« 真夏日 | トップページ | ブブゼラ »

2010年6月18日 (金)

野球賭博

大嶽親方、時津風親方、琴光喜、豪栄道、豊ノ島と次々出てくる野球賭博に手を染めた力士や親方。相撲関係者が野球をやっている場合ではないぞ。もし、彼らを庇うとすれば、本音を言えば、サラリーマンなど一般的に賭けマージャンや賭けゴルフは日常的に行われているようだし、パチンコでも勝てば結局現金化しているのはみんな知っている。ただ、力士は体も大きいし、ちょんまげと浴衣姿では、いくらサングラスで変装してもバレバレで目立つ。と言うことは競輪競馬など公営ギャンブルやパチンコなど人目に立つ場所には行けないから、こういう閉鎖的なギャンブルに走る。現在の親方を中心とした「部屋」制度では、親方の資質次第で、力士はどのようにも育ってしまう。日本相撲協会は横綱の品格を議論する前に、「伝統」と言う名の腐った体質を改めることの方が優先課題だ。

« 真夏日 | トップページ | ブブゼラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏日 | トップページ | ブブゼラ »