« 池上彰 | トップページ | ドーナツ »

2010年6月21日 (月)

消費税10%

昨晩のワールドカップサッカーで日本がオランダに1対0で惜しくも破れたが、次のデンマーク戦に希望を残した。サッカーでマスコミが大騒ぎしているドサクサに紛れ、いつの間にやら消費税10%が着々と現実味を帯びてきた。自民党の案を民主党がパクッたわけだが、ちょっと待てよと言いたい。公務員給与カット、議員定数削減をまず実行して、自ら身を削って、その後なら止むを得ないのかなと納得できるが、支持率上昇の追い風に乗って一気に消費前税10%を導入するのは暴挙だ。しかも現在のような格差社会で、一律10%ではなく、贅沢品に30%くらいかけて、食品日用品は現状のままにすべきだ。年金の不公平感も改めるべきだ。余談であるが、校長先生が定年退職すると、毎月年金が100万円近く入るそうだ。毎月である。いくら立派な校長先生でも、退職してブラブラしているだけで毎月100万円には違和感がある。こんな話が他にもまだいろいろある。

« 池上彰 | トップページ | ドーナツ »

コメント

民主党は消費税を10%に上げて、その税収を何に使うのだろう。
子ども手当などの民主党の得意とするバラマキに使われたのでは、たまったものでない。
低所得者の税負担を軽減するために、食料品の消費税は今まで通り5%とすべき。
中小企業の法人税を下げることによって、倒産による税収減と雇用の喪失を避けなければならない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池上彰 | トップページ | ドーナツ »