« 消費税10% | トップページ | 七つ道具 »

2010年6月22日 (火)

ドーナツ

穴のあいた食品と言えばレンコン、ちくわ、そしてドーナツ。レンコンは自然の野菜だからそれでよい。ちくわも製造方法を考えると、穴が開いているのは当然だ。しかしドーナツは意図して穴が開いている。油で揚げるとき中まで均等に温度が上がり、それが生焼けにならないような工夫なのか?哲学的な話がある。「ドーナツの穴はドーナツの一部なのか」・・・確かに奥深い疑問だ。穴がなければただの揚げパンだ。ドーナツは食べてしまえば穴は消える。食べる前は穴があったのに食べてしまえば穴がなくなるから、穴もドーナツの一部だと言うややこしい話もある。ドーナツ店に行くと穴のあいていない製品もたくさんある。ドーナツとは一体何なんだ?若い人は知らないが、昔レコード盤にドーナツ盤というのがあった。アルバムではなくシングル盤は裏表2曲しか入らなかったので、レコードプレーヤーの中心に直径5cmほどのアダプターをつけて、そこにドーナツ盤を置いてレコードを聴いた。レコードがCDになり、カセットテープがMDになり、ビデオテープがDVDになり、時代はどんどん変わってゆく。ああ懐かしのドーナツ盤。

« 消費税10% | トップページ | 七つ道具 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費税10% | トップページ | 七つ道具 »