« 菅総理誕生 | トップページ | 浮き沈み »

2010年6月 5日 (土)

生涯の一日

小学生の日記風に「日記」を書いてみた。5時起床。今日は休日。コーヒーとトーストとシリアルの朝食をとって、自宅から15分のところにある畑で1時間草引きと水遣りをした。そしてバイオリンの練習を1時間。バッハの「パルティータⅢ」を習い始めたが、これを弾くのは10年早い厳かな曲だ。私の演奏を聴けば人はあまりの騒音で発狂してしまうだろう。そしてスーパーで買い物。先月中ごろオープンした「バロー」で買い物。かなり安いし品物も悪くない。午後、残りわずかとなった村上春樹「1Q84BOOK3」を読んだ。ますます幻想の世界にはまり込んだが、途中睡魔に襲われ1時間昼寝。睡魔でどうもすいません。夕方自宅の庭の野菜の水遣りをしたあと、WOWOWでクリントイーストウッド監督主演の「グラントリノ」を観た。人の生と死をテーマにした感動的な問題作だ。ラストはあまりにも寂しい結末だ。1日実に爽やかな天候であった。多少野菜も育ってきた。ビールとともに食事をして、今日もまた生涯の1日なり。これでいいのだ。

« 菅総理誕生 | トップページ | 浮き沈み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅総理誕生 | トップページ | 浮き沈み »