« 米が消える | トップページ | 事故との遭遇 »

2010年7月24日 (土)

46連勝

白鵬が大鵬の記録を越え46連取を達成した。見事と言うほかはない。ただ今から40年ほど前1969年3月場所、大鵬は戸田と言う力士の押しに圧倒され、土俵際で回り込んで、戸田の右足が先に土俵外に出たのだが、勝負判定は逆に大鵬の負けと言う事になり、45連勝でストップした。当時私は巨人も大鵬も嫌いではあったが、あの勝負判定は気の毒であった。あれがきっかけで、相撲のビデオ判定が導入されるようになった。スポーツにミスジャッジがつき物だが、大相撲界の歴史的誤審といえる。

昭和の大相撲 世紀の大誤審 大鵬45連勝でストップ(超スロー付き)
[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsL0zBXb+c0g6ysYgMmGDA2xS4P1czEhKQSALTNDro=]

« 米が消える | トップページ | 事故との遭遇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米が消える | トップページ | 事故との遭遇 »