« CT | トップページ | お富さん »

2010年8月 6日 (金)

狩る

伊坂幸太郎の「バイバイブラックバード」を読んだから言うわけではないが、「狩る」という言葉は不思議だ。鹿を捕まえることを「鹿狩り」と言い、犯人を追いかけるのを「山狩り」と言う。「鷹狩り」は鷹などの猛禽類を飼育して、ウサギなどの小動物を捕まえることで、鷹を狩るわけではない。鵜飼も鵜を飼育して鮎を取るのであるから、ある意味「鵜狩り」か「鮎狩り」なのである。食物の場合「なし狩り」「ぶどう狩り」「イチゴ狩り」「みかん狩り」「マツタケ狩り」と言う。これらは採って持ち帰るからそれでよいのだが、「紅葉狩り」はちょっと異質だ。紅葉を愛でる行為を「紅葉狩り」と言うのはちょっと不思議だ。であるなら桜を見るのはなぜ「花見」であって「桜狩」ではないのか?私はいろいろ屁理屈を言いた「がり」なのである。

« CT | トップページ | お富さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CT | トップページ | お富さん »