« 8月18日 | トップページ | ミネソタ »

2010年8月19日 (木)

高齢運転

俗に枯葉マークと呼ぶ70歳以上の高齢ドライバーの車にはる紅葉マークが高齢者に評判が悪く、代わって新しい標識のデザインが四つ葉のクローバーをモチーフにしたマークに変更される。幸福を象徴する四つ葉のクローバーと、「シニア」を表す「S」の文字をデザイン化したそうだ。私がデザインを考えるなら、「四葉」より「入れ歯」マークにするが・・・。個人差はあるが高齢者の運転は後続車のイライラやストレスの原因になることが多い。マークだけ新しくしても、その辺の事情をよく理解していただかないと困る。車がないと生活に大きな支障をきたす高齢者も多くいることは理解できるし、間違いなく明日はわが身だが、ドライバーとしての引き際は潔くしたいものだ。ただ、マークを決めておきながら、表示を努力義務にするのはおかしい。マークは義務化すべきだし、マークをつけない高齢者ドライバーからは罰金を取るのが筋だ。

« 8月18日 | トップページ | ミネソタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月18日 | トップページ | ミネソタ »