« 長寿国 | トップページ | CT »

2010年8月 4日 (水)

生もの

夏だからと言うわけでもないが、食中毒は恐ろしい。食中毒の原因は3つある。「細菌」「ウィルス」「自然毒」である。近頃は以前ほどやかましく言わなくなったO-157は「細菌」である。そして「ウィルス」の代表格は「ノロウィルス」である。さらにキノコやフグが「自然毒」の代表格である。「細菌」と「ウィルス」の違いは色々あるが、簡単に言えば「細菌」は細胞を持っており、自分の力で繁殖することができるが「ウィルス」は細胞を持っていないので、他の生命体に入り込んで繁殖をしようとする違いがある。夏は刺身、生の魚介類、レアの肉類、冷蔵庫に入れ忘れた生菓子など生ものは控えるのが無難だ。ただし生ビールは別格だ。

« 長寿国 | トップページ | CT »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長寿国 | トップページ | CT »