« 処暑 | トップページ | 派遣切り »

2010年8月24日 (火)

生え抜き

夕刻久々に突然の大雨で、少し潤い涼しく感じる。日経平均株価の終値が8995円14銭となり、1年4カ月ぶりに9000円割れで取引を終えた。政府は民主党代表選びの権力闘争にエネルギーを使い果たし、なんら手を打たず、日銀も、ただ手を拱いているだけで無為無策。日本経済はむちゃくちゃである。★生え抜きという言葉がある。「草木が芽生え、そのまま同じ場所で抜けて行く」「その土地で生まれ、その土地で成長したこと」と辞書にある。巨人軍が江藤、工藤、清原、小久保、イスンヨプ、小笠原、ラミレス、谷、グライシンガー、ゴンザレス、クルーン、豊田、マイケル中村などなどセパの一流選手を金をばら撒いて補強したが、最近は阪神もその傾向が見られる。投手下柳またはメッセンジャー、捕手城島、一塁ブラゼル、二塁平野、三塁新井、遊撃鳥谷、左翼金本、中堅マートン、右翼林威助・・・阪神生え抜きの選手は、鳥谷と林だけだ。ちなみにわがヤクルト球団は投手石川または由規、捕手相川、一塁ホワイトセル、二塁田中、三塁宮本、遊撃川端、左翼畠山、中堅青木、右翼飯原・・・ヤクルトはホワイトセルと相川だけが移籍組で、あとは生え抜きだ。結局は儲かっている球団と貧乏球団の差である。儲かっていると、選手を育てることを忘れ、金の力でよい選手を他球団から補強する。貧乏な球団はチーム内でよい選手を育てようとする。貧乏で有名な広島は梵、天谷、栗原、嶋、広瀬、岩本、倉、前田みんな生え抜きだ。がんばれ貧乏球団!

« 処暑 | トップページ | 派遣切り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 処暑 | トップページ | 派遣切り »