« 介入と介護 | トップページ | 国勢調査 »

2010年9月16日 (木)

どんぐり

今の状況で幹事長を引き受けるのは火中の栗を拾うと言うか貧乏くじを引くに等しい。それを引き受けた岡田外相は高潔で、本当にいい人だ。自然環境に恵まれた職場付近で今日どんぐりを拾った。①どんぐりころころどんぶりこ、お池にはまってさあ大変、どじょうが出て来て今日は、ぼっちゃん一緒に遊びましょう②どんぐりころころよろこんで、しばらく一緒に遊んだが、やっぱりお山が恋しいと、泣いてはどじょうを困らせた。で終わる。その後どうなったのか、このままでは教育的に望ましくないので追加で3番の歌詞が出来た。③どんぐりころころないてたら、なかよしこりすがとんできて、おちばにくるんでおんぶして、いそいでおやまにつれてった。でめでたく帰るのである。その後落語家桂三枝が4番を作って、歌をエンドレスにした。④どんぐりころころ帰ったら、仲間がみんな拾われて、お話相手がいなくなり、どじょうに会いに転がった。となる。そしてまた1番に戻ってどじょうが出て来て「いらっしゃ〜い」となるオチである。朝晩涼しく、秋本番だ。

« 介入と介護 | トップページ | 国勢調査 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 介入と介護 | トップページ | 国勢調査 »