« 点滴 | トップページ | エコカー減税 »

2010年9月 8日 (水)

右肩下がり

普通、日本の地図は左下に沖縄九州があり、右上に北海道がある。台風は左下からやってきて、沖縄、長崎、鹿児島、高知、和歌山、三重、静岡あたりから上陸するのが常である。ところが今年の台風9号は日本海をズズッと抜けて、福井県敦賀市に上陸した。普通台風は地図で見たとき右肩上がりなのに、今回の台風はUターンするように右肩下がりになった。長い人生でこんなの初めてだ。日本の未来を予言するような珍現象だ。記録的豪雨を齎した地区の方々には気の毒だが、久々の恵みの雨になったところも多い。このまま秋になればよいのだがそうでもなさそうだ。ギルティだった、鈴木宗男の実刑が確定し、議員失職、収監となる。ギルティと言えば押尾学容疑者。当事者でしか知りえない内容なので裁判の行方は不明だが、どっちにしても死んだ女性に罪を擦り付けるのは男として最低で、見苦しい卑怯者だ。そして究極のギルティ男、小沢一郎。こんな人間が国の代表になったら日本は滅ぶ。常識的に考えて、一議員が、数十億の金を動かすこと自体不自然であり、不動産を買い捲っている姿は市民感覚から程遠い。またそれを支持する民主党議員はクレイジーとしか言いようがない。豪腕と呼ばれても、人を恫喝する能力に長けているだけで、政治信条に中身のない、屈折した世界観しか持ち合わせていないこんな悪徳不動産業のような政治家には総理の資格など絶対ない。

« 点滴 | トップページ | エコカー減税 »

コメント

政治家の表と裏の顔が穏やかで 愛に満ち溢れた人たちであれば、国民の血税を使うだけの捨て身の覚悟のある集団であれば、汚職 派閥 野次が充満する国会の運営など考えられないですね。今の日本の置かれた 老いも若きも未来に希望を持てない社会を打破するために 国民一丸となって切り抜けていかなければならない重大なこのときに 党や派閥を超えた 国民の為の政治のリーダ 英雄は 今何処に?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 点滴 | トップページ | エコカー減税 »