« おしまいよ | トップページ | ノーベル化学賞 »

2010年10月 5日 (火)

パルティータ

バイオリンを習い始めて13年。バッハのパルティータⅢのプレリュードを弾けるようになるのが夢であり目標であった。あれは4月末の連休に入る前であったか?バッハのパルティータⅢを習い始めて半年が経過したが、弾けるまで程遠い。あまりにもハードルの高い無謀な目標であることが今になってわかった。それだけでも進歩だ。「2声」と言う専門的なことはわからないが、名演奏者のCDを聴いていると1つの旋律を弾いているのに2つの旋律が聞こえてくる。ところが自分が演奏すると聴こえてこない。なんでや?それがわからないから難曲なのだ。私は自慢じゃないが楽譜が読めない。耳で聴いて覚えて弾く。ところがこの曲は覚えても弾けない。壁は厚い。バッハは音楽の父と言われるが、きっと「がんこオヤジ」なのだ。

« おしまいよ | トップページ | ノーベル化学賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おしまいよ | トップページ | ノーベル化学賞 »