« パルティータ | トップページ | 大沢親分 »

2010年10月 6日 (水)

ノーベル化学賞

今年のノーベル化学賞に2人の日本人が選ばれた。鈴木章・北海道大名誉教授と根岸栄一・米パデュー大教授である。どう言う理由で選ばれたのかは我ら凡人にはチンプンカンプンであるが、まずはメデタイ。私の世代ではノーベル賞と言えば湯川秀樹、朝永振一郎、川端康成を思い出すが、1974年「核兵器保有に反対し、平和に貢献」したと言うことで佐藤栄作が平和賞をとった時、思わず日本国中「何でやねん?」と言ってしまった。今から考えてもアメリカニクソン大統領と日本の沖縄に核を持ち込む「密約」をしていた佐藤栄作がノーベル平和賞をもらったのは最悪の汚点だ。

« パルティータ | トップページ | 大沢親分 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パルティータ | トップページ | 大沢親分 »