« 京都 | トップページ | 断捨離 »

2010年11月24日 (水)

北朝鮮の暴挙

北朝鮮が韓国の延坪島に向け170発の砲撃を行い、80発が着弾!韓国も反撃したが、兵士2名と民間人2名が死亡。朝鮮戦争勃発である。もし日本の佐渡島あたりが砲撃されていたら、おそらくノーテンキ政府は「まことに遺憾に存じます」と言って「大人の対応」で静観していることだろう。しかも日本が戦争に巻き込まれるかもしれないと言うこんな非常時に「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ。公明党は問責に、より慎重になるのではないか」と言う不謹慎かつ危機意識のない民主党幹部がいるのにはあきれ返る。官房長官らの問責決議案は後回しになりそうだが、こんな政府に現在の国際的緊張状態が乗り切れるのか不安だ。むしろさっさと問責決議案を出して、有事に対応できる政府にチェンジした方が良いのかもしれない。

« 京都 | トップページ | 断捨離 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都 | トップページ | 断捨離 »