« ピエリ守山 | トップページ | プロ野球の未来 »

2010年11月 6日 (土)

情報流出

政府機密文書などの内部告発サイト「ウィキリークス」が話題になっている。国が絶対秘密にしている事柄や映像がインターネット上で流されるのである。また、日本政府が公表を抑えていた尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の模様が動画投稿サイト「YOUTUBE」で流された。また、警視庁のテロに関する極秘資料も、ウィニーを介して流出した。過失なのか、誰が何の目的で投稿したかはわからないが、インターネット社会では国家機密を厳守するのは難しいようだ。尖閣問題に関して言えば、事件をうやむやに解決しようと思っていた政府が国の意志を白黒はっきりさせなければならなくなってしまった。対応次第では日中関係がますますこじれる。最近は情報公開法改正で、何もかもガラス張りになることがあるが、必ずしも良い事とは思わない。知る権利は当然あろうが、知らない方が良かったということもあるものだ。人間にとって何が幸せなのかわからない。

« ピエリ守山 | トップページ | プロ野球の未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピエリ守山 | トップページ | プロ野球の未来 »