« 瀬田の唐橋 | トップページ | 萩原麻未 »

2010年11月18日 (木)

個別事案

総理大臣とかけて、木造建築現場の音と解く。その心は「カンナ音」菅直人・・幹事長とかけて、オリックス優勝と解く。その心は「岡田勝つや!」岡田克也・・官房長官とかけて、「ちょっと前に了承した」と解く。その心は「先刻よし!と」仙谷由人・・法務大臣とかけて、やりたくないバントをして、結果的に点が入った野球と解く。その心は「やな犠打実る」柳田稔・・・法務大臣は2つだけ覚えておけばいい。「個別の事案についてはお答えを差し控えたい」「法と証拠に基づいて適切にやっている」・・・こんな程度の人間が、死刑決定のゴーサインを出したり、コンプライアンスの頂点に立つ法務大臣とは、世も末だ。「個別事案とは言え、常識と職責に基づいて」辞職すべきだ。

« 瀬田の唐橋 | トップページ | 萩原麻未 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬田の唐橋 | トップページ | 萩原麻未 »