« 前倒し | トップページ | 松本孝弘 »

2010年12月 1日 (水)

東野VS伊坂

今年は、東野圭吾と伊坂幸太郎の作品をそこそこ読んだ。過去に読んだ本も含めると、東野圭吾は「手紙」「赤い指」「新参者」「容疑者Xの献身」「聖女の救済」「ガリレオの苦悩」「宿命」「白夜行」「幻夜」「さまよう刃」「使命と魂のリミット」「流星の絆」「パラドックス13」「カッコウの卵は誰のもの」「プラチナデータ」「白銀ジャック」・・・伊坂幸太郎は「重力ピエロ」「ゴールデンスランバー」「あるキング」「SOSの猿」「オー!ファーザー」「バイバイ、ブラックバード」「マリアビートル」などである。星の数ほど小説家がいて、数え切れないほど新刊本が発売されるのに、今年の私は東野圭吾と伊坂幸太郎に偏っている。ある意味反省の1年である。とは言え関西人東野、関東人伊坂ファンは当分続きそうだ。二人の共通点はズバリ「やめられない、とまらない」のである。

« 前倒し | トップページ | 松本孝弘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前倒し | トップページ | 松本孝弘 »