« バタバタ | トップページ | 準備物 »

2010年12月21日 (火)

救急車

静岡県で救急車の有料化が議論され「時期尚早」で見送られた。ちょっとしたけがや歯痛や病気でも救急車を呼ぶケースが後を絶たず、悪質なものは、朝病院で待たされるのがめんどうだから救急車を呼んですぐに診察してもらおうと言う、許しがたい、あつかましい、おっさん、おばはんもいるそうだ。とは言えまじめに適正に救急車を利用する人に利用料を請求するのも不合理だ。有料化すれば、金持ちは利用し、貧しい人は遠慮する。緊急性よりも経済性が優先されてしまう。昔の日本人はこんな社会性のない自己中は少数派だったように思う。学校に言いがかりのようなクレームをつけたり、給食費の支払いを拒んだりする「モンスターペアレント」と同類かもしれない。救急車を有料化する前に日本人の教育を根本から立て直すことが先決だ。

« バタバタ | トップページ | 準備物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バタバタ | トップページ | 準備物 »