« ラスク | トップページ | ロングセラー »

2011年1月14日 (金)

内閣改造

内閣改造人事が発表されて感じるのは、あくまで小沢一派を排除しようとする姿勢と、財政再建のために消費税増税を目指すという意思表示である。あれほどまで民主党を罵って来た「たちあがれ」の与謝野馨が大臣のポストが約束されるといとも簡単に離党、大臣就任を受け入れる節操のなさには呆れかえる。本人もきっと人生ラストチャンスと考えたのだろう。さらには、現政権をボロクソに批判している国民新党亀井代表だが、ちゃっかり郵政改革・金融担当大臣に自党の自見庄三郎をすえおき、郵政改革逆戻りを実現しようとしている執念深さにオゾマシさを感じる。民主党の内紛が続き、総理の指導力のなさも露呈し、日本の政治の迷走で、日本は奈落の底に落ちそうだ。

« ラスク | トップページ | ロングセラー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラスク | トップページ | ロングセラー »