« 冬眠 | トップページ | 就職内定率 »

2011年1月17日 (月)

ご近所さん

早朝スタッドレスタイヤでも滑るほど、道路は凍っていた。半年前の狂ったような猛暑の裏返しのような天候であった。あの阪神淡路大震災から16年目。直接被害を受けた人と、少しだけ影響を受けた私のような人間とは、災害の意味合いも違うだろう。震災と言えばどうしても現象面ばかりがクローズアップされる。道路や建物が倒壊したとか、火災が発生し、ライフラインがズタズタになったとか・・・ただ震災で学習したことは、ボランティアとか絆とか言う「人の善意や心」に関わるものだった。災害時にはパニックになったり、自己中が露骨にでる人もいる。海外でこんな災害が発生したら、最初に起こるのは暴動略奪であるのに、神戸ではそんな事件はほとんど皆無だった。こんな時こそ日本人でよかったと思う。そしてボランティアと言う無償の善意の行動が定着したのも事実だ。そして国家や地方公共団体の支援を現場で支えたのは、ご町内、お隣さんの存在であった。私は今は素晴らしいご近所さんに恵まれている。遠い親戚より近くの他人こそ、いざと言うときに助け合える宝である。

« 冬眠 | トップページ | 就職内定率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬眠 | トップページ | 就職内定率 »