« 産業スパイ | トップページ | 成人式 »

2011年1月 9日 (日)

伊達直人

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗って、各地の施設の子供にランドセルを贈るという事件が続いている。いただいた子供たちはうれしいだろうし、善意のプレゼントだと思うが、このやり方は私は好かない。正々堂々と本名を名乗るか、匿名にするならわかるが、自分も目立ちたい、そして世間を騒がせて有名になりたいと言う金持ちのゲーム感覚の善意の押し付けのような気がしてならないし、善意と言うよりはストーカー的犯罪と紙一重のようで、「あしながおじさん」と言うよりは、25年ほど前に起こったグリコ森永事件の「かい人21面相」を連想してしまう。日本人本来の暖かい善意の表現方法も時代とともに屈折してしまったのだろうか。

« 産業スパイ | トップページ | 成人式 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 産業スパイ | トップページ | 成人式 »