« 2012年問題 | トップページ | インフルエンザ »

2011年1月24日 (月)

喜味こいし

私のような大阪育ちの人間の笑いの原点は上方漫才である。蝶々雄二、ダイマルラケット、いとしこいし、かしまし娘、お浜小浜、唄子啓助、やすしきよし、ラッパ日佐丸、カウスボタン・・・数え上げればきりがない。その中で「夢路いとし喜味こいし」のこいしさんが亡くなった。いとしこいしの漫才はとにかく面白かった。媒体はテレビよりもラジオが主役の時代である。耳で聞いて大笑いした。これこそ話芸だ。最近はアクションや無意味な擬態語や擬音語を連呼してギャグだと勘違いしている芸のない芸人が多すぎる。ボケとツッコミの会話と会話のぶつかり合いと「間(ま)」が笑いを誘った。喜味こいしのツッコミと夢路いとしのボケの連発!こんな漫才がリアルタイムではもう見られないのが寂しい。

« 2012年問題 | トップページ | インフルエンザ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年問題 | トップページ | インフルエンザ »