« 町内役員 | トップページ | 愛知県 »

2011年2月 6日 (日)

春場所中止

大相撲の八百長疑惑の影響で3月の大阪場所が中止になった。本場所が中止になったのは65年ぶりだそうだ。年6回奇数月に本場所あるのは当たり前で、それが日本の季節感、風物詩でもあり、とくに高齢者を中心のファンにとってはさびしい限りだし、まじめにやっている力士にとっては、CM出演を降ろされたり、不必要なインタビュー攻勢にあったり、犯罪者集団のように言われたり、怒りと空しさが交錯していることだろう。さらに、大相撲開催で収入を得て生計を立てている物販飲食業者警備担当者などの打撃は計り知れない。以前から私は思っているが相撲道をスポーツと言う横文字のジャンルで括ろうとするから無理があるだと思う。所詮これは日本の神道における神事であり、宗教行事の一環だと考えれば筋書きがあってもよいのである。外国人力士には申し訳ないが、大相撲の人気凋落、衰退はもはや誰にもとめられないだろう。

« 町内役員 | トップページ | 愛知県 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 町内役員 | トップページ | 愛知県 »