« 北アフリカ | トップページ | 八百長 »

2011年2月 2日 (水)

コピペ

コピペは試験のカンニングと一緒で、文章の泥棒、万引きである。正直私も毎日日記を書いているようだが、ついコピペをやってしまうことがある。最近は大学生が卒論をコピペで、あたかも自分が書いたように提出する。小中学生までも読書感想文をコピペで提出する世の中だ。大阪の阪南大学と言うところでコピペを見破るソフトが開発され、3割近いコピペ卒論が見破られ、学生たちは戦々恐々としているそうだ。確かにコピペは簡単便利に文章が整う。しかしその中身は頭に入らない。昔コピー機がなかった時代、文章は書き写したが、書くことによって理解し記憶に残ったものだ。年賀状の宛名書きソフトもますます便利になるが、手書きすると「ああ、あの人は引越しをしたんだ」と言うことが記憶に残る。コピペの安易さが身についた子供が大人になったら、日本全国、平然と嘘をつき、思考力、文章力、忍耐力のない社会人であふれかえることだろう。今日の日記はコピペではない。

« 北アフリカ | トップページ | 八百長 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北アフリカ | トップページ | 八百長 »