« 春場所中止 | トップページ | 国歌 »

2011年2月 7日 (月)

愛知県

前自民党議員の大村秀章が愛知県知事に選出され、元民主党議員の河村たかしが名古屋市長に再選され、それらに対抗する市議会のリコールが成立し、なにやら新しい波が起こったように感じるが、一時的なブームのようでまだ少々様子を見ないと不安だ。大阪も府知事と市長の対立も、枠組みだけ変えようとしているだけで、中身の具体策が見えず不安だ。民主党への政権交代もマスコミがブームを演出したが、今思うと日本の政治が混乱しただけで、具体的には以前より悪くなったという印象が拭えない。民主党に期待したのは、官僚の天下りの撲滅と、大企業優先で安い賃金の派遣労働という制度の改善、そして、ずさんな年金問題を正して欲しいという事だった。結果は官僚の能力を引き出せず素人政治家集団が泥縄式に作り上げた稚拙なバラマキ政策に終始し、小沢小沢で右往左往し、就職率が最悪の状況になり、お先真っ暗な老後が現実問題になったという事だ。日本の政治家の最大の欠陥は、目先の具体策ばかりの議論で、政治哲学とか政治理念を持っていないことだ。私もえらそうなことを言える立場ではないが、何が善で何が悪か、何が幸せで何が不幸なのか、世界における日本の目指すべき方向は・・・そんなことを主張できる政治家の出現を願うしかない。

« 春場所中止 | トップページ | 国歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春場所中止 | トップページ | 国歌 »