« 愛知県 | トップページ | ワンピース »

2011年2月 8日 (火)

国歌

全米の平均視聴率46%で1億数千万人がテレビ中継を見ると言われるアメリカのスーパーボウルの開会セレモニーで今やアメリカを代表する歌手の一人クリスチーナ・アギレラが国歌を歌ったが、歌詞を一部間違えて歌ってしまった。こんな大物スターでも緊張するほどの大舞台であったのだろう。「アギレラ」が間違うとは「呆れら」?とオヤジギャグも出そうだ。ツイッターでかなり批判されたようだが、アメリカ国民は寛大で、その堂々たる歌唱力を絶賛した。日本でも最近はスポーツイベントの開幕時に君が代を歌う光景をしばしば見る。日本でこんなことがあったらマスコミや世間はどういう反応をするのだろう?平成11年7月の衆議院本会議での国旗国歌法案への民主党議員の対応はさまざまだった。賛成した主な議員・・・安住淳、石井一、岡田克也、川端達夫、玄葉光一郎、仙谷由人、樽床伸二、中野寛成、羽田孜、鳩山由紀夫など。反対した主な議員・・・赤松広隆、岩國哲人、枝野幸男、海江田万里、河村たかし、菅直人、鉢呂吉雄、原口一博、前原誠司、横路孝弘など。歌手が緊張して歌詞を間違えるのはありうる話だが、現職の総理大臣が国歌は君が代であることに反対したのはいかがなものか?

« 愛知県 | トップページ | ワンピース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛知県 | トップページ | ワンピース »