« YAHOO知恵袋 | トップページ | 世界一 »

2011年2月28日 (月)

短命総理

小泉純一郎1980日、安倍晋三366日、福田康夫365日、麻生太郎358日、鳩山由紀夫266日、菅直人266日・・・最近の総理大臣の在任日数である。ここのところ右肩下がりでますます短命になっていたが、たぶん明日も菅直人が総理大臣だから、鳩山前総理を抜いて短命化に歯止めがかかった。低次元な話である。われらの町内会でも会長の任期は2年である。外国から見ればコロコロ総理が変わる日本は奇異に映っていることだろう。政治家としての資質にも問題はあるのだろうが、私はこの原因はマスコミにあると思う。マスコミはある意味、世論を自由にコントロール出来る。また、視聴率アップのため、言論、表現の自由を「錦の御旗」にして、政治家のプライバシーまで面白おかしく煽ることで、政治活動をゴシップ記事やバラエティ番組と同じレベルにしてしまった。現役の国会議員が売名のため、政治バラエティ番組に軽々しく出演することも政治の重みを喪失させている原因である。政治とは大部分は地味で退屈で、それでいて難しく、厳しく、重要な仕事である。スポンサー至上主義で、話題性だけをクローズアップして政治の足を引っ張るマスコミ。それを操る報道関係各社の幹部こそ総辞職解散すべきだ。

« YAHOO知恵袋 | トップページ | 世界一 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAHOO知恵袋 | トップページ | 世界一 »