« コピペ | トップページ | スギ花粉 »

2011年2月 3日 (木)

八百長

オーストラリアにとんでもないハリケーンが上陸し、甚大な被害を齎したようだ。カテゴリー5が恐ろしいことは知っているが風速80mは恐怖以外の何物でもない。世界の気候は大荒れである。大荒れと言えば大相撲でまたまた不祥事。今度は致命的だ。昔から相撲には八百長があったと言われていた。7勝7敗の大関はなぜか千秋楽には勝って勝ち越したものだ。しかし証拠はない。今度はメールで動かぬ証拠が出てきて、言い逃れは出来ない。私は力士の野球賭博事件に関しては、悪いことだが多少の酌量の余地はある。なぜなら力士だって普通の人間。競輪、競馬、パチンコだって行きたいが、サングラスをかけて変装しても、大きな体格とチョンマゲで力士であることがバレバレである。そうなると、一般人に見られないで出来るギャンブルに走るのは悪いこととは知りつつ、弱い人間の自然の流れだ。ただ今回の白星の売買や貸し借りは刑事責任はないとは言え、特定の個人や法人から拠出された財産で設立され、基本的には公益目的の組織である財団法人日本相撲協会での出来事であるから、勝負を楽しみにしているファンに対する背任行為である。個人技のプロスポーツは宿命的に八百長が出来るだけに、あとは厳しい罰則規定を作るか、個人の倫理観に任せるしか方法はない。

« コピペ | トップページ | スギ花粉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コピペ | トップページ | スギ花粉 »