« パーフォーマンス | トップページ | 原発と核兵器 »

2011年3月25日 (金)

終息せず

今回の震災と阪神淡路大震災との大きな違いは、津波による甚大な被害があった事と、原発事故がいまだ終息せず、復旧活動が停滞し、さらにいろんな風評被害が経済に大打撃を与えていると言うことだ。福島宮城茨城県産と言うだけで、あらぬ疑いがかかり、顧客離れにつながっているのはあまりにも気の毒だ。さらに外国人観光客も激減しているようだ。外国人から見れば東北も関西も同じに見えるのだろう。風評被害を防ぐのは政府の大きな仕事だ。被害の補償を云々する前に、まず風評被害を抑える努力をして欲しい。震災の被害で再起不能な企業もある反面、特需で生産が追いつかない状態の儲かり企業もあるはずだ。日本人であるなら「濡れ手に泡」の利益は被災者に還元して欲しいものだ。おっと!この表現は間違いである。正しくは「濡れ手で粟」である。手が濡れることから石鹸を連想してこんな間違いが起こるのだ。その他よくある間違い表現いろいろ。「飛ぶ鳥跡を濁さず」「出る釘は打たれる」「口先三寸」「一瞬先は闇」「焼けぼっくりに火がついた」「枯れ木も花の賑わい」。

« パーフォーマンス | トップページ | 原発と核兵器 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パーフォーマンス | トップページ | 原発と核兵器 »