« 爆発 | トップページ | 想定外 »

2011年3月29日 (火)

保安院

TNPは低燃費、TKGは卵かけごはん、TPPは環太平洋戦略的経済連携協定。原子力安全・保安院の代表者として連日菅総理以上の露出度で登場する人物・・・スネオのような顔で、メガネの七三分けの人物は西山英彦。東大法学部卒業、通商産業省入省。ハーバード大学法科大学院修了。経済産業省:通商政策局大臣官房審議官(通商政策局担当)めちゃくちゃエリートである。ただし保安院の企画調整課長という総務の経験しかなく、原子力とはまったく無縁のTPPを推進する役人である。東電の関係者が寝る場所もなく食料もろくにない現場で命がけで苦戦しているのに、原子力安全・保安院の検査官が福島第一原子力発電所事故発生後に約1週間、「安全性に問題があり、人間が暮らすには不便が多かった」「食料をどう運ぶかという問題もある」と言う理由で避難し、福島県庁内にいたそうだ。原発の劣悪な環境にいたわりにはあまりにも身だしなみが整い、きれいに七三わけされたカツラをかぶり、含み笑いで淡々と話し、顔色も良かったので、不自然に感じていたので調べたらそんなことであった。日本が直面する国難に、原子力に関して素人の、エリート官僚に日本を守れるのか?またそんな気概はあるのか?

« 爆発 | トップページ | 想定外 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 爆発 | トップページ | 想定外 »