« 注水と義援金 | トップページ | 公共広告機構 »

2011年3月18日 (金)

生活の原点

関東のスーパーでは米が品薄。米の在庫はあっても燃料不足や道路の損壊などで輸送手段がトラブってるそうだ。卵も品薄。地震の影響で鶏の餌が不足し、卵を産む量が激減しているそうだ。牛乳も品薄。牛乳はあるのに、紙パックなど包材の生産が遅れているそうだ。東京のような大都会に住んでいる人間には、便利さが当たり前で、買いたいものは何でも揃う・・・そういう生活に慣れきってしまっていた。でも結局は電力も、農水産品などの食料も、東北に大きく依存していたことを今回思い知ったはずだ。今こそ電気もガスも水道もトラックも電話も、自販機も家電コンピュータもなかった江戸時代、人々が生き生きと生活していた原点に立ち返り、生き方を見直すべきなのかもしれない。自衛隊はじめ被災地で活動されている皆さんは、日本人の生命安全を守るため、特に原発に放水作業をしている皆さんは、放射能による危険を顧みず、行動されてる。そんな人たちに対する感謝と祈りの気持ちでいっぱいである。行方不明者の捜索、避難所への物資の支援、そして原発の放射能漏れを防ぎ、事故の終息宣言が早く出ることを祈るほかない。

« 注水と義援金 | トップページ | 公共広告機構 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 注水と義援金 | トップページ | 公共広告機構 »