« 支援の動き | トップページ | もどかしい »

2011年3月15日 (火)

非常事態

普通は日経平均株価が100円上がったり下がったりした時一喜一憂する。今日は一桁違う。前日比1015円34銭安の8605円15銭。世紀末、日本沈没である。推測だが日本の大災害で外国人投資家が株を投げ売って、日本に見切りをつけて資金を引き上げたのだろう。それにしても原発事故は非常事態であり成り行きが心配だ。近年オール電化への普及が進んでいるが、この背景は原発にある。水力や火力発電は、昼夜発電量を調整できるが、原発は一度動き出したら止められない。だから夜間の料金の安い時に原発で発生した電気をどんどん利用してもらわないと困る。電気は備蓄できないので夜間に湯を沸かして床暖房など利用する仕組みを作った。言ってみればオール電化=原発賛成と言う構図になる。今回のように計画停電になると、その仕組みが根底から覆る。我が家は幸いガス給湯で、灯油のストーブも選択肢としておいてある。今回の事故でオール電化のムーヴメントは考え直されるかもしれない。そして大都会を中心とした電気の浪費が見直されるかもしれない。江戸時代には電気がなくても日本人は生きていたのだ。

« 支援の動き | トップページ | もどかしい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支援の動き | トップページ | もどかしい »