« 想定外 | トップページ | 新年度 »

2011年3月31日 (木)

節電

計画停電を「するする」と言ってしない、狼少年状態が続いているが、それ以上に国民の節電意識が定着してきた事を喜ぶべきかもしれない。自動販売機は通常1台でアイスとホットが同居しているが、アイスだけにすると40%電力削減できるそうだ。東京の繁華街も暗くなっているが、人が生活したり行き来するにはあまり大きな支障はない。それより夜に停電で信号機が消えることを思えばまだましだ。東電とは関係のない関西でもグリコのネオンサインや造幣局の花見のライトアップが消されたことに象徴されるように、被災者の苦しみの一部でも分かち合おうと言う気持ちがそうさせているようだ。暖房機の設定温度を1度下げたりするだけでも大きな節電が出来る。普通、夜照明を消して寝ているときでもパソコン、テレビ、オーディオ、エアコン、ルーターから便座にいたるまで待機電力を消費している。電話や冷蔵庫は消すわけには行かないが、その他のものを消すことで、7%くらい電気の消費を抑えることが出来るらしい。今回の原発事故で、東京の快適で華やかな生活は福島県を中心とした人たちのリスクの上で成り立っていたことが明らかになった。今回の不幸な出来事を教訓に、豊かさとは何かを考え直す必要がありそうだ。そんなわけで、今晩はエアコンを消して、厚着をして、着膨れ状態で過ごしている。ちょっと寒いが・・・。

« 想定外 | トップページ | 新年度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 想定外 | トップページ | 新年度 »