« 米原発 | トップページ | サマータイム制 »

2011年4月25日 (月)

脱線事故

朝から雹が降ったり、晴れたかと思ったら、突然雷雨になったり、今日も大荒れの天気であった。関東では突風、竜巻が吹き荒れたようだ。今日から復旧した東京仙台間の新幹線も、停電で混乱した。今日は4月25日、尼崎JR脱線事故から今日で6年が経過した。死者107名、負傷者562名の大惨事であった。あの事故以来、JRに乗るときは、先頭車両は怖いので、後ろよりの車両に乗るようになった。JRは時間が正確で事故も少ないという神話が完全に崩壊した日でもある。信頼を勝ち得るのは長い地道な努力の積み重ねが必要だが信頼を失うのは容易い。JRもイロイロ努力し、社風も変えようとしているようだが、まだまだ道は険しい。

« 米原発 | トップページ | サマータイム制 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米原発 | トップページ | サマータイム制 »