« 魔法の言葉 | トップページ | 時空の広場 »

2011年5月28日 (土)

三線

梅雨前線と台風2号の接近で土砂降りの大雨の中、京都の寺の本堂で沖縄の三線演奏と民謡のライブがあり、参加した。三線と書いて「さんしん」と読む。胴の部分に蛇皮が張ってあるのが特徴だ。素朴な音色でしばし、外の天気を忘れ、南国気分に酔いしれた。中国がルーツなのだろうが、16世紀大阪堺から広がった猫の皮を用いたものが三味線となったそうだ。演奏後は楽しい懇親会。雨降る日本庭園を眺めながら夜が更けた。

« 魔法の言葉 | トップページ | 時空の広場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔法の言葉 | トップページ | 時空の広場 »