« 原発停止 | トップページ | 連休明け »

2011年5月 8日 (日)

天国と地獄

飛び石とは言え長い連休が今日で終わる。体内時計が狂った明日からの1週間は長く感じることだろう。しかし65歳を過ぎると「毎日が日曜日」状態になる。今朝もマイクラブを肩に下げて、グランドゴルフに行くのであろう高齢者を何人か見た。寝たきりの人もあろうが、ある意味幸せな人生である。もちろん生活保護を受けている高齢者も多くいる反面、若い頃の仕事内容や、積み立てに応じて、働かずして毎月20万~30万円の年金を取得する人は大勢いる。良い時代に生き、権利は権利としてそれは結構なことだが、震災で苦しみ、家も財産も思い出も全部なくしローンだけが残った人たちが大勢おられる。そうでなくても若者は仕事がなく、あっても月収15万前後で、どうやって結婚して子育てが出来るのか?裕福な高齢者の年金を政治の力で、少し削ってでも若者に回して上げたい。同じ日本人が天国と地獄を味わっているのが理不尽で割り切れない。

« 原発停止 | トップページ | 連休明け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発停止 | トップページ | 連休明け »