« 豆腐料理 | トップページ | 土日出勤 »

2011年5月23日 (月)

なすりあい

冬物衣料を着々と仕舞い込んでいるのに、今日のこの寒さは何なんだ!寒暖の差が激しすぎる。★原発への海水注入中断について、原子力安全委員会の班目委員長と東電と政府が責任のなすりあいをしている。細野首相補佐官の発表によると、原子力安全委員会の斑目春樹委員長が「海水の注入は再臨界の危険性がある」があると言ったから中断したそうだが、それに対して斑目委員長はそんなことは言っていない「可能性ゼロではない」と言っただけだと猛反発。東電は安全性を検討し直すために注水を中止したという。総理はそんな指示をしていないと言う。しかし、海水注入の中止について、東電は「原子力安全・保安院に連絡した」と説明している。首相官邸は「知らなかった」、保安院は「連絡を受けた記憶のある者はいない」と言う。誰かが嘘をついている。見苦しい責任のなすりあいをしている暇があったら、被災者の心中を推し量って、もっと対応策に専念しろ!

« 豆腐料理 | トップページ | 土日出勤 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豆腐料理 | トップページ | 土日出勤 »