« 自走式草刈機 | トップページ | 神様仏様 »

2011年5月16日 (月)

東京ヤクルト

プロ野球も一段落して、明日からセパ交流戦。セリーグは巨人、中日、阪神の東名阪のチームがここ数年Aクラスと決まっていたが、今年は私のようなファンでさえも予想しなかった勝率6割8分2厘でヤクルト首位、そして広島2位。石川、館山、由規、増渕、林昌勇と安定した投手陣と、宮本、畠山、バレンティン、川端のサプライズの活躍。そして青木の期待通りの活躍。懸念材料は投手の村中と松岡と打者のホワイトセル。それ以外は出来過ぎであるのがちょっと怖いくらいだ。首位を維持しても、相変わらず新聞紙面の取り扱いは数行で、一般市民の死亡記事程度だが、まあいい。気分がいいからつい寛大な気分になる。明日からも、ひっそり応援しよう。ただ今が良すぎて、あとは落ちるのみであるような気もする。

« 自走式草刈機 | トップページ | 神様仏様 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自走式草刈機 | トップページ | 神様仏様 »