« 消臭力 | トップページ | 夏休み »

2011年6月15日 (水)

気持ちはあるが

81歳の高齢者がカーブを曲がりきれず2人の女性をはねる事故があった。ブレーキとアクセルを間違えたらしい。先日のコンビニに車が突っ込んだ事故も、同じく高齢者がブレーキとアクセルを間違えたと言う。どんな世界でも人間には個人差がある。90歳でも矍鑠(かくしゃく)とした人、60歳でもぼんやりした人、しかし日常生活ならいざしらず、車と言う凶器にもなる文明の利器を操作するには咄嗟の判断力、集中力、反射神経が必要だ。気持ちはあっても体がついてゆかないと言う経験は60代の私にも何度かある。問題はそれを自覚するか、過信するかの差である。高齢になるほど頑固になり、聞く耳を持たなくなる。確かに車がなくてはならない高齢者もいるが、たくさん年金をもらい、いろんな優遇をされている高齢者が多い。運転するくらいの気力があるなら、バスやタクシーを利用したっていいじゃないかと思う。アクセルとブレーキを間違えたで済まされたら被害者はたまったものではない。そういう自分も○○年後そうなるのだが。

« 消臭力 | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消臭力 | トップページ | 夏休み »