« 軽自動車 | トップページ | 赤字 »

2011年6月 2日 (木)

被災者無視の茶番劇

「自民、公明、たち日」の野党3党が共同提出した菅直人内閣不信任決議案は反対多数で否決された。投票前に菅総理に「一定のめどがついた段階で辞任する」と言う言葉を民主党議員の前で言わせ、小沢一郎の目的は達したので、意を翻して子分たちの自主投票に任せ、当初の親分の指示通りに不信任案に賛成した松木謙公と横粂勝仁は梯子を外された形で裏切られ離党することになった。自ら不信任案に賛成すると言ってた小沢は卑怯にも欠席。このゴロツキ議員の醜態に呆れるばかりだ。岩手出身の小沢が被災者の気持ちを逆撫でし、蹂躙し、ドロドロした権力闘争を繰り広げる茶番劇を多額の税金を使って見せ付けられた。国会議員には今最優先すべきことが何なのか見えていない。高給を貪り権力の座を目指して群がる救い難いバカ集団である。

« 軽自動車 | トップページ | 赤字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽自動車 | トップページ | 赤字 »