« 半官半民 | トップページ | 2013年 »

2011年7月18日 (月)

大和なでしこ

サッカーの女子ワールドカップドイツ大会決勝、なでしこジャパンがPK戦の末、世界ランキング1位のアメリカを降し頂点に立った。先制され追いつき、またリードされそして追いつき、最後PK戦、絶対負けられないアメリカはプレッシャーでガチガチ。逆に日本はリラックスしているように見えた。世界一と言う凄いことをやってのけたなでしこジャパンは「最後まであきらめない」と言う教訓をプレイで示した。なでしこは秋の七草のひとつ。大和なでしこという言葉がある。「清楚で凛とし、慎ましやかで、一歩引いて男性を立てる女性像」であるが男女共同参画社会の今日、有名無実の言葉になりつつある。今日のサッカーを見て大和なでしこは「粘り強く、力強く生きる女性像」を象徴する言葉に変わったようだ。

« 半官半民 | トップページ | 2013年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半官半民 | トップページ | 2013年 »