« 90周年 | トップページ | 復興担当 »

2011年7月 4日 (月)

健康診断

昨年、会社の健康診断でレントゲンの結果が「ギルティ」なので再検査との事で、総合病院でCT検査を受けた。結果は限りなく完璧に近い健康体であった。健康診断の判断は一体なんだったのか?一安心とは言え、なんだかんだで病院に8000円も払った経験から、今年は健康診断を受けなかった。もうひとつの理由は、震災と原発事故当初、シーベルトやベクレルの話の中で、安全だ安全だと連呼していた政府や保安院がたとえ話として「レントゲンの被爆量に比べたらたいしたことはない」と盛んに安全性を強調していた。ということはレントゲンと言うものはそんなに恐ろしいものかと逆に思ってしまった。死ぬときは死ぬ。ケセラセラである。そういえば連日テレビ出演していた原子力保安院のカツラの不倫オヤジは今どこで何をしているのか?

« 90周年 | トップページ | 復興担当 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 90周年 | トップページ | 復興担当 »