« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

商店街火災

マイブーム、今は アーケイドファイアーArcade Fireと言うカナダのグループの『ザ・サバーブス (The Suburbs) 』と言うアルバムを何度も聴いている。決して明るく楽しい歌ではなく、メランコリックでノスタルジックな音楽で人に勧めるようなシロモノではない。このグループ名アーケイドファイアーを直訳すると商店街火災??なのだろうか?変な名前だ。私は子供の頃大阪ミナミに住まいがあった関係で行動範囲内に商店街がたくさんあった。有名どころでは心斎橋筋、戎橋筋、千日前、黒門市場などなど。1972年5月、千日デパートの火災で、100名以上の死者が出たのを新聞やテレビのニュースで覚えている。何日かあと、火災現場も見に行ったが、恐ろしい火事だった。千日デパートと言えばまだ出来たばかりの頃、親に手を引かれて、買い物に行き、生まれて初めて下りエスカレーターと言うものに恐る恐る乗った記憶がある。千日デパートはその火災の12年後ダイエープランタンになり、さらに2001年頃にビックカメラになり、今日に至るが時の流れを感じる。

2011年8月30日 (火)

チョコ

野田総理大臣本日誕生。さて何ヶ月の命か?ところで日本人の死亡原因はガン、心臓疾患、脳血管疾患、肺炎、不慮の事故、老衰、自殺などが主要なものだが、人間何で死ぬか一寸先は闇である。そんな中、欧州心臓病学会で発表された調査で、チョコレートを食べると、心臓疾患の発症リスクが減るそうだ。チョコと、たこ焼きが大好きな私には朗報だ。とは言っても、摂取量の問題や、ミルクチョコとビターチョコとの違いやピーナッツ、アーモンド、マカダミアが入っていたらどうか?などかなり大雑把な研究発表だ。次回調査するときは私にもモニターさせて欲しい。クリスタルジェミーの中島香里じゃないけど、私が証明よ。

2011年8月29日 (月)

野田佳彦

小沢一郎の支持で優位に立っていた海江田万里を抑えて野田佳彦が民主党代表選挙に勝利し、総理大臣のポストを射止めた。消去法で考えると、まあ無難な選択だと思うが、かと言って期待も出来ない。私は迷ったとき消去法で物事を考える癖がある。ただ、消去法には欠点がある。消去法はいろんな選択肢の中に正しい答えがあることを前提としているが、もし選択肢の中の全てが間違いであった場合には、正解に辿り着かない。5人の候補者に日本を良くする正解の人物が果たして存在していたのだろうか?とりあえず松下政経塾一期生、野田佳彦に期待してみよう。

2011年8月28日 (日)

データ消去

携帯電話に公私あわせて電話番号、アドレスが500件近く入っているので、紛失とか池ポチャとか万が一に備えて、パソコンにバックアップを保存している。パソコンの画面上で一覧表で見ると、消去しても問題ないものも多く、消去したが、迷うと結局そのままにしてある。会社の名刺も同様である。飛び込み営業が置いて行く名刺など大抵不要だが、なかなか捨てきれず次々に溜まる。整理の基本は減らすことだといつも言っているが、電子データは、あまり嵩張らないからつい残しておくのは悪い癖だ。

2011年8月27日 (土)

台風接近

あの2005年のカトリーナと同規模の風速60m以上の大型ハリケーンがアメリカ東部に接近し、ニューヨークやワシントンも危険らしい。日本では台風11号12号が2つまとめて接近中!これも進路がまだ予想できないので要注意だ。昨日は東京でもゲリラ豪雨で練馬区のマンションでは、1階のエレベーターホールが浸水し、エレベーターを開けると、滝のようだったと言うし、品川区では、交差点の中心やあちらこちらのマンホールから激しく水が噴き出したそうだ。風水害は怖い。治水対策は昔から永遠の課題だ。民主党と言えば当初八ツ場ダム建設反対であった。当時の前原国交大臣は八ツ場ダム建設中止を発表、そして馬淵大臣はその逆のことを言っている。もう民主党はむちゃくちゃである。ただ、政治に翻弄される住民は生まれ育った地が水没するのか残るのか中途半端な状況で何十年も過ごさなければならない。利権に群がる悪代官と悪徳商人に民が苦しめられる構図は今も昔も変わらない。

2011年8月26日 (金)

復活

菅直人総理大臣がやっと退陣表明。やっと・・・である。中国ロシアの侵略行為になすすべもなく、拉致問題も進展なく、円高に無策で、大震災の復興が大きく遅れ、マニフェストはほとんど実行されず、一体この政権はなんだったのか?鳩山総理よりはマシだが、結局国民の生命財産を守ることすら出来ず退陣である。もう二度と復活して欲しくない。諸般の都合で5ヶ月間中断していたバイオリンのレッスンを9月から復活することにした。何度か乾燥剤は交換していたとはいえ、高温多湿の中、ケースの中のバイオリンの調弦がめちゃくちゃで、再起不能なので、昨晩先生宅にお邪魔して音合わせをしていただいた。態勢は整ったが、しばらく休んでいたツケで指が固まっている。所詮年寄りのボケ防止、あわてず、のんびり、ボチボチ行くべえか、と思っている。

2011年8月25日 (木)

代表選挙

年齢順代表選挙立候補予定者9名、前原誠司(49)、馬淵澄夫(51)、樽床伸二(52)、野田佳彦(54)、小沢鋭仁(57)、平岡秀夫(57)、平野博文(62)、海江田万里(62)、鹿野道彦(69)・・・立候補すりゃ~いいと言うものでもない。小沢一郎の影に怯え、票集めに奔走するばかりで、国民投票なら大半が落選だ。本当に、被災地復興、経済立て直し、外交安全、教育福祉、そして何より日本人の生命財産を守る気概が本当にあるのか?町内会長の選挙ではない。与党として、候補者をもっと絞り込んで、口先だけでない命がけで取り組む代表を選んで欲しいものだ。たぶん無理だが・・・。

2011年8月24日 (水)

島田紳助

タレントの島田紳助が暴力団関係者との親密交際を認め、芸能活動引退を表明した。多少寂しくはなるが、芸能界は金のなる木をそう簡単に手放すはずはない。いずれ形を変えて復帰するのは目に見えている。それよりも、そのニュースをあろうことか公共放送であるNHKが今朝トップで扱っていた。こんなばかげた話はない。所詮民放中心に出演しているお笑いタレントの去就をなぜトップで扱うのか。今朝は、前原代表選出馬、一斗缶殺人被疑者逮捕、リビア情勢のいずれかをトップで扱うのが筋だ。NHKのニュース編成スタッフが暑さで頭が狂ったとしか思えない。NHKは、もはや三流ゴシップ局に成り下がったも同然だ。こんなNHKになんで受信料など払わなければいけないのか!日本国民にとって、最重要ニュースから優先順位を付けて放送するのが公共放送の使命だと思う。生意気なようだが公共放送の使命をもう一度考え直せと言いたい。

2011年8月23日 (火)

ポカリ

この夏、アクエリアスとポカリスエットを何本飲んだことだろう?水やお茶もよく飲むが、宣伝に乗せられてどうしても水分補給はこれだと言う気になる。以前はアクエリアス一筋だったが、ちょっと甘すぎるので最近は値段が10円ほど高いが、それほど甘すぎないポカリスエットばかり愛飲している。他人の頭をドツクような「ポカリ」と言うネーミングが面白い。お陰で猛暑の中脱水症状になったことはない。昔々、子供の頃は、夏は麦茶かカルピスか三ツ矢サイダーかバヤリースオレンジであった。中学生の頃コカコーラが関西でも販売されるようになり、学校の帰り道、あのガラス瓶に入ったコーラを栓抜きのついた自動販売機で買い、担任の先生に見つからないよう友達と飲んだことを思い出す。当時コーラの味は衝撃的だった。現在はコーラはほとんど飲まない。そして夕食時の水分補給はお中元でいただいたサントリープレミアムビールと1本105円程度で買っているサッポロ「麦とホップ」の併用でまかなっている。一昨日は涼しかったのにまた残暑がぶり返してきた。いつになったら秋が来るのやら?

2011年8月22日 (月)

関ジャニ∞

24時間テレビと言う番組を延べ8時間ほど見た。徳光さんの危うい走りと言うか歩行にハラハラであったが、無事ゴールが出来てよかった。内容はともかく、日本テレビとしてリキの入った企画だと思う。疑問が2つ。日本テレビを裏切った羽鳥、そしてアナウンサー仲間でちょっと浮いた存在で退社が決定している西尾アナを起用するのはなぜ?関ジャニ∞はカンジャニエイトなのになぜ7名?調べたら当初関西テレビの番組に出演していたから8チャンネルの8にしたとか?内博貴(うちひろき)が未成年で飲酒し、謹慎が解けた後ジャニーズjrのメンバーになったからそのまま7人でやってるとか、それにしても関ジャニ∞はそれなりに関西の男前?が揃っているし、錦戸亮は俳優としてはちょっと見どころはあるが、グループとしての歌唱力がない。嵐と比べて歌が下手だ。オヤジがどうのこうの言う問題ではないが・・・。

2011年8月21日 (日)

地蔵盆

朝から大雨。今日は恒例ご町内の地蔵盆。今年は役に当たっていなかったが、当たると諸準備が大変である。前日までの買い物、お坊さんの予約、昼ごはんの準備そして当日のテント張りやアトラクション運営、幸い昨年のような猛暑ではなかったが終日雨が降り役員さんはさぞやご苦労であったと思う。これが終わると9月第一日曜日恒例の大運動会。そして秋11月のふれあい祭りが終わると、ほぼ主要な行事が終わる。町内規定で来年も私は役に当たることはないが、再来年2013年が大変な年になりそうな予感がする。今日はキュウリが2本、万願寺トウガラシ、シシトウが若干収穫。今年はそれでも農業不作である。気候のせいなのか、努力不足なのか?

2011年8月20日 (土)

夏のおでん

昨日の猛暑が嘘のように今日は涼しく爽やかである。夏の空気が一気に秋の空気に入れ替わったようだ。今晩は涼しいので、我が家では夏としては珍しく「おでん」である。別に夏におでんを食べたらいかんと言う法律はない。おでんと言えば、最近はコンビニの定番商品となり、レジ付近に置いてある。ただいつも疑問に思うのは、お客さんとの販売のやり取りのあるレジ横に蓋もせず不衛生ではないのかと言うことだ。から揚げなどは保温ケースの中に入っているから比較的問題はないが、入り口付近で埃や細菌も入る。客がしゃべれば唾も飛ぶ。だからコンビにではおでんを買う気がしない。細菌と言えば福井市が販売しているペットボトル入りミネラルウォーター「おいしいふくいの水」から食品衛生法で定められた基準を上回る一般細菌が見つかったそうだ。こんなビジネスはプロの食品メーカーに任せておけばよい。公務員はもっと他にすることがあるやろ。

2011年8月19日 (金)

昭和86年

今年は2011年、平成23年である。昭和の年号で言われると即座に計算が出来ずいろいろ困ることがある。すべてを西暦にしてしまうとわかりやすいが、世の中そう言うわけにも行かない事情もある。そんなわけで私は職場にも自宅にも見えるところに2011年=平成23年=昭和86年と書いてある。昔保険会社の人から教えてもらったノウハウだ。生命保険などの契約書には年号は昭和○○年と書く。時代が平成に変わると計算がややこしいので昭和で計算するそうだ。しかし最近は保険料の計算はパソコンでやるのでこんな問題は今や昔話だ。ただもっと古い歴史上の話は別物だ。豊臣秀吉は慶長3年8月18日に亡くなったが、これではいつのことやらわからない。1598年なら、ああ、413年前かとわかる。計算は面倒くさいが、これを怠るとボケが早まるそうだ。

2011年8月18日 (木)

栄誉賞

本日群馬県館林市で38・5度、埼玉県熊谷市で38・3度、東京都練馬区で37・9度、茨城県古河市で37・8度を記録。明日から涼しくなると言われても半信半疑である。結局、なでしこジャパンのメンバーは国民栄誉賞を受賞し、記念品として熊野筆の化粧筆が選手らに贈られた。スポンサーからは選手並びに監督に300万円の高級車アウディ1台ずつ合計22台3年間無償貸与されるそうだ。これが菅直人首相最後のパーフォーマンスになりそうだ。それにしても次期総理候補を見渡すと、みんな線が細く、存在感のない小者の人材ばかり、日本を任すに足る政治家はいないようだ。

2011年8月17日 (水)

盆明け

昨日ミラクル近江八幡商業が作新学園に破れ、滋賀県民の甲子園の夏は終わった。ついでに、4日間の短すぎる私の夏休みも終わり、今日から猛暑の中パワーの落ちた体を仕事モードに変えた。大手製造業は21日まで休みのところも多く、車も比較的少ない1日であった。関西電力は、堺市にある火力発電所堺港発電所2号機のトラブルで18日19日が電力の大ピンチらしいが、気温が少し下がりそうなので何とかクリアできそうだ。明日18日は中居正広、清原和博、吉川晃司、名取裕子、柴田恭兵、ロバート・レッドフォード、アントニオ・サリエリ、最澄、そして私の誕生日であり、豊臣秀吉の命日でもある。それがどうした?

2011年8月16日 (火)

こち亀

先日天皇皇后両陛下は映画「ロック」鑑賞のためわざわざ映画館まで足を運ばれた。国民目線と言うか庶民的と言うか、わざわざ映画館に行かれなくても・・・と思うが、画期的な出来事であった。それと比較するのは超!畏れ多いが、昨日何年ぶりかで、久しぶりに近くの映画館に行き、名画?鑑賞してきた。「こち亀~勝どき橋を封鎖せよ!」である。コミック本やテレビアニメでは見たことがあるが、映画でそれがどれだけ再現できるか興味があった。前半は予想通りばかばかしいが、後半は、サスペンス仕立てのシリアスでハラハラどきどき、思わず涙の感動的作品だった。全体的には、まさに元気の出る作品だった。キャストについては賛否両論あるようだが、香取慎吾、深田恭子はまずまずだし、伊武雅刀、夏八木勲、平田満といった、ベテラン俳優の存在が、映画全体を単なる漫画に終わらせず、作品全体を支えていたような気がする。

2011年8月15日 (月)

終戦記念日

今日は終戦の日である。毎年この時期になると、広島と長崎に投下された原爆の恐ろしさばかりが報じられるが、終戦の前日の大阪大空襲については知らない人もいる。8月14日は大阪に無差別に爆弾が投下され、大阪の町が焦土と化した日である。その恐ろしさ、悲惨さは何度か親から聞いたが、自分自身が体験していないからその実感がない。国民が国家に洗脳され、爆弾を落とされても、国を守るため避難しようともせず、火を消すことに専念し、夥しい死者を出した悲惨さは体験した者でないとわからない。焦土と化した大阪の映像や写真を見ると、現在の大阪梅田や心斎橋難波の繁栄は先人の犠牲の上で成り立っている・・・現在を生きる大阪人はそのことを忘れてはならない。大阪で生まれ育った者として、終戦記念日の前日8月14日は愚かな戦争について考えさせられる日である。

2011年8月14日 (日)

ミラクル

ミラクルだ!高校野球近江八幡商業が強豪帝京高校相手にとんでもない奇跡的勝利を収めた。相手は強豪。エースを温存して二番手渡邉投手であったが、これまた好投手で8回まで2塁すら踏めない状況で3対0。9回1アウト。その後、右狙いのヒットが3本続き満塁のチャンスに4番坪田が内野ゴロ。併殺で万事休すかと思ったら、帝京野手エラーで1点とってまだ満塁。そして5番の遠藤のフルカウントからの一振りがライトスタンドに飛び込む高校野球史上初の9回逆転満塁ホームラン。一気に5対3。しかしこの後まだオチがある。八幡商業エースで好投した吉中のところに代打を出したので、その裏投手交代。甲子園はおろか予選大会一度も投げたことのない眞野投手。いきなり90キロ台のスローボール。こりゃだめだと思ったら、緩急付けてなんとかしのいだ。帝京を応援している人には申し訳ないが、まるで映画や野球漫画を見ているような奇跡的劇的勝利だった。

2011年8月13日 (土)

夏休み

午前4時。カサカサと言う音で網戸越しに外を見ると、夥しい数のコウモリが空を乱舞している。夜遊びから帰ってきた朝帰りの不良コウモリたちである。我が家の中には入ってこないが、雨戸の裏とか、屋根瓦の下辺りに住処があるようだ。今日からわずか4日間の夏休みである。毎年のことであるが、今時のテレビのニュースは、高速道路で数十キロの渋滞とか、新幹線ホームで「何して遊ぶか」と言う下らない質問に、健気に答える子供の姿とか、円高で海外旅行に出かける人で賑わう空港の映像ばかりである。いつもと少し違うのは、驚異的猛暑と、高校野球で、滋賀県勢が初戦勝利して勝ち残っていると言うことだ。さあ今日も節電だ!昼は涼しいショッピングモールか図書館でも行こう。

2011年8月12日 (金)

トマトとビール

旬の過ぎたタレントと言えば代表格はみのもんたである。理由はともかく、先日朝の生番組に遅刻したが、どちらにしても、朝から二日酔いのオヤジの如く、話がくどいし切れ味も悪い。ウワサでは、出勤前ビールにトマトジュースを混ぜて飲むのが健康法だそうだ。菅総理同様、朝の番組からは、そろそろ引き際なのでは?とはいえ、枝豆や餃子も良いが、ビールにトマトが意外にあう。私も実証済みだ。理由はわからないが塩か醤油を少々かけたトマトはビールとなぜかあう。今日も猛暑。明日も猛暑、明後日も猛暑・・・いつになったら涼しくなるのか。

2011年8月11日 (木)

格付け

気温は限りなく高く、株価は限りなく低く、連日の猛暑で昨日38.7度を記録した群馬県館林市は、今日も38.7度の猛暑。全国的に熱中症の人が救急車で搬送されると言うニュースが連日流れる。日経平均株価は9000円を割り込み、逆に1ドル76円台の超?円高が続く。S&P、ムーディーズ、フィッチが大手格付け会社である。こいつらが、世界各国の経済的評価をして、世界を混乱に陥れている元凶だ。言い方を変えれば世界経済を自由に操れる存在だ。こんなやつらを監督する組織はないのか。格付け会社を格付けする組織がないと、ますます図に乗り暴走する危険すらあると思う。中国の南シナ海への空母配備とはまた違う意味で警戒が必要だ。

2011年8月10日 (水)

新駅

東海道本線びわこ線の瀬田駅と草津駅の間に南草津駅が1994年開業した。この駅付近は人口増が激しく、パナソニックや立命館大学などの誘致運動の結果、今年3月から新快速も停車するようになった。今度はその南草津駅と瀬田駅の間にもうひとつ新駅を作ろうと言う話が具体化してきた。わずか2.7kmの間にもう一駅作ると、駅を出たらすぐ駅に着くと言う、駅だらけの感じになってしまうが、それでもJRが本気になっていると言うことはかなりの乗客が望めるのだろう。滋賀県南部は宅地も増え、大型店舗も続々出店し、活気はあるが、そんなにたくさん駅を作ってどうするの?という気がする。

2011年8月 9日 (火)

一見さん

岩手県陸前高田市の松を京都の五山の送り火で燃やす薪として使う計画が中止になった。被災地で亡くなった方の冥福を祈るのが目的だったが、放射能が危険と言う意見があって中止せざるを得なくなった。これも風評被害なのか?京都は一見さんには冷たいと言うか慎重と言うか独特な風土がある。花街の御茶屋など私にはほとんど無縁だが、聞いた話では、一見さんはお断り。そのかわりなじみのお客さんには飲食はもちろん、置屋に連絡して舞妓さんを呼んだり、お客さんの宿泊の手配、観光の案内まで行い、お金の精算も現金は無粋だから受け取らず、後で振込みとかの手段で集金する。他所者には排他的でなじみ客には徹底的に奉仕する京都の風土と、今回の松の薪を五山の送り火に使うことを中止したのは次元の違う話かもしれないが、残念なことだ。

2011年8月 8日 (月)

花火大会

今年の夏が例年と違うところは、各電力会社が電気予報と言うか電気の供給量に対する使用見込みを予想して、節電を呼びかけようとする試みである。今日は立秋とはいえ全国的猛暑で朝から30度を越えていた。東北も猛暑で一時東北電力の供給余力が2%を割った。関電も電力使用率が90%を越えた。残暑と言うより酷暑と言う感じだ。今日は8月8日。「ぱっぱ」で琵琶湖花火大会が開催される。我が家では、例年音は聞こえるが光が見えないのでクーラーの効いた部屋でビールを飲みながら日ごろめったに見ないローカル局「琵琶湖テレビ」のライブ映像で見ることにしている。玉屋~~っ!鍵屋~~っ!

2011年8月 7日 (日)

ドンキホーテ

昔、一時期岡山県に住んでいたが、近くで衣料品を買うとき、フォーマルは「はるやま」カジュアルは「長崎屋」であった。今は長崎屋は岡山県にはなく、各地でドンキホーテにリニュアルされているようだが、長崎屋のサンバードというブランドの歌が店内に流れていたのを覚えている。安売りのドンキホーテではなく、毎週土曜の夜は「ドン★キホーテ」と言う番組を録画してみている。松田翔太が演じる草食系の児童福祉司城田正孝と、高橋克実が演じるやくざの親分鯖島仁が謎の天変地異によって、身体はそのままで魂だけが入れ替わってしまうと言うストーリーで、昔観たニコラスケイジとジョントラボルタ主演の「フェイスオフ」と言う映画・・・凶悪犯とFBI捜査官が顔を入れ替えて戦うと言う着想が似ているが面白い。

2011年8月 6日 (土)

歯医者

今日も朝から悪くなる前に歯のメンテナンスのため歯医者へ。歯茎のマッサージや、歯垢を取ってもらったり、すっきりして気持ちが良い。現在日本では歯医者の数はコンビニより多いと言われ、昔は金持ちの代名詞のように言われていた歯医者も今は激戦で廃業に追い込まれるところも多いとか。かと言って歯医者は内科や外科に転業するわけにも行かず、大変だ。ただ単に虫歯の治療だけではなく、幅広いサービスが要求される時代なのだ。80歳20本を目指し、硬いおかき、せんべい、アーモンドなどは控え、歯を大切にしようと思う。

2011年8月 5日 (金)

日本沈没

今、世界が大きく動いている。大震災以来日本が非常時なのに、逆に円高が一気に進み、一時1ドル76円台を記録した。さらに、アメリカ経済が破綻するなど私はまったく予想していなかった。そして今日、世界経済の先行き懸念から日経平均株価の終値は前日比359円30銭安の9299円88銭と暴落。一方で技術立国日本の象徴であった電気製品のうちサンヨーが白物家電を中国のメーカーに売り渡したのに続き、日立が1956年に始めたテレビの生産を台湾メーカーに委託し、国内生産を終了するそうだ。世界の主役が次々にバトンタッチされて行く。拉致被害者の帰国交渉は遅々として進まず、尖閣諸島を中国に盗まれ、北方4島をロシアに騙し取られ、竹島の帰属もうやむやのままで韓国に持ってゆかれ、日本の栄光は今や過去のものになってしまった。無政府状態の日本は沈没するのみである。

2011年8月 4日 (木)

インク

最近のプリンターはすごい。印刷はもちろん、スキャナーとしても、コピー機としても使える優れものが1万円台半ばで買える。しかし最近、ちょっと疑問に思うのは、インクが高すぎると言うことだ。先日もインク切れで単色で買うと1000円前後だが、全色セットで買うと割安とかでセットで買ったら、5700円もした。インクを3回買えばプリンター本体が買える値段だ。これって、すっかりメーカーの戦略に嵌められた形だ。しかもインクはすべてカートリッジ式だから、エコに逆行して容器も無駄だ。インク充填式のものが開発できないのか?某メーカーのハンドソープも、初回は本体+詰め替え用のセットがめちゃ安い。しかし、リピートで詰め替え用を買うと意外と安くない。最初に専用ポンプを格安で売りつけておいて、詰め替え用で利益を取る策略だ。メーカーにもピンからキリまであるが所詮自己防衛のためには客をもだます、というか錯覚に陥れて儲けているのだ。インク!高すぎるぞ!ハンドソープの詰め替え用高すぎるぞ!  

2011年8月 3日 (水)

ゆるキャラ

偽者天国中国。あらゆる知的所有権を平気で盗む。国家ぐるみの盗賊である。パクリは中国の専売特許かと思っていたら、山口県宇部市のエコキャラクター「エコハちゃん」の着ぐるみが、ポケモンのピカチュウに酷似しているとの指摘。中国がやるような露骨な真似ではないがやはり似ている。今年も10月下旬彦根で「ゆるキャラ祭り、着ぐるみさみっと」と言うイベントが開催される。彦根のゆるキャラひこにゃんは成功した部類だが、今、日本国内にゆるキャラと呼ばれるものが一体いくつあるのだろうか?これらの開発やらイベント運営に国家公務員や地方公務員が何人かかわっているのだろう?ゆるキャラもピンからキリまであるが、よくもまあこんなキャラクターを作ったものだとあきれるものもある。まさに税金の無駄遣いだ。
Pn2011080301000334ci0002


2011年8月 2日 (火)

栄誉賞

政府はなでしこジャパンに、多くの国民に感動と希望を与えたという理由で国民栄誉賞を授与するらしい。まさに落ち目の政府によるスポーツの政治利用だ。本塁打の世界記録を樹立した王貞治と今回の女子サッカーは根本的に違う。本来個人を対象にした賞であるはずだ。団体受賞には違和感がある。しかも歴史は浅く層の薄い女子サッカーで1回優勝したくらいでなぜ受賞?女子ソフトボールやワールドベースボールで日本が優勝したのと同じレベルだ。国民栄誉賞は北島康介もイチローも辞退したほど重い賞である。女子サッカー優勝はそれ自体立派なことだが、国民栄誉賞にはそぐわない。マスコミの対応は豹変する。もしオリンピックで予選敗退てなことになったら、国民から総攻撃を受け、マスコミも煽るはずだ。国民栄誉賞を返せ!というブーイングも起こるだろう。今からでも遅くない。受賞したら後で絶対後悔するに違いない。なでしこジャパンは落ち目の政権に手を貸すようなことはやめて、受賞を辞退したら、もっと評価は高まる。それがカッコイイのだ。

2011年8月 1日 (月)

花火

昨晩8時ごろ、いきなりドド~んと花火の音がした。どこでやっているのか知らないが、我が家の2階の窓から、しっかり見えるところで打ち上げられていた。特等席で花火が見られたがどこで打ち上げられていたかは謎である。東野圭吾の「真夏の方程式」と言う本を今読んでいるが、その中に花火の色の秘密が書かれていた。色鮮やかな花火は火薬ではなく金属が燃える色なのだそうだ。赤は炭酸ストロンチウム、黄色はナトリウム・炭酸カルシウム、緑は硝酸バリウム、青は酸化銅、白はマグネシウム・アルミニウムが燃えたときに発する色なのだ。物理化学が大の苦手の私には詳しいことはわからないが、夜空の花火はきれいな夏の風物詩だ。毎年8月8日はパッパ・・と言うわけで琵琶湖の花火大会がある。現地は混雑するので、例年涼しい部屋で、琵琶湖放送のテレビライブで見ることにしている。玉屋~っ、鍵屋~っ。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »